KADOKAWA Technology Review
×
ワッツアップが世界有数のハッキング企業「NSO」を訴えた理由
Photo: Tim Reckmann/Flickr CC BY 2.0
コネクティビティ 無料会員限定
WhatsApp is suing the world’s top hacking company

ワッツアップが世界有数のハッキング企業「NSO」を訴えた理由

ワッツアップがイスラエルのサイバー監視会社NSOグループを提訴した。NSOグループはユーザー情報を盗むために、ワッツアップのサーバーに不正アクセスしていたことが判明したのだ。国連が呼びかけた、NSOグループのような監視ツールの取り扱いの即時停止に、大手テック企業は参加すべきだとフェイスブック傘下のワッツアップは述べている。 by Patrick Howell O'Neill2019.12.04

フェイスブック傘下のワッツアップ(WhatsApp)が、イスラエルのハッキング会社NSOグループ(NSO Group)を訴えた。ワッツアップのウィル・キャスカート代表が10月29日付のワシントンポスト紙への寄稿で明らかにしている。

ワッツアップは、NSOグループが約1400台の電話やデバイスに「特定のワッツアップ・ユーザーを監視する目的で感染させるように設計したマルウェア」を仕込むために脆弱性を悪用している、と訴えている。ワッツアップの訴状はここで確認できる。

このハッキング行為により、NSOグループとその顧客は、問題のデバイスのメッセージやメール、通話だけでなく、カメラやマイクへもアクセスできる状態だった。

「訴状でも説明している通り、攻撃には別の憂慮すべき事態も見られました」とキャスカート代表は記している。「世界中の少なくとも100人の人権擁護活動家やジャーナリスト、その他の市民団体のメンバーが標的にされています」。

Qサイバー・テクノロジーズ(Q Cyber …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る