KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!
人口減らすべき? 科学者らの「気候変動対策」に批判
Unsplash / chuttersnap
気候変動/エネルギー 無料会員限定
Critics blast a proposal to curb climate change by halting population growth

人口減らすべき? 科学者らの「気候変動対策」に批判

気候変動対策の一つとして世界の人口増加を抑止すべきだと主張する論説が、物議を醸している。アフリカやアジアの急成長中の途上国を主な標的としており、人口抑制のより積極的な対策や、途上国の成長に対する人種差別的態度を正当化するのに悪用される可能性があるというのだ。 by James Temple2019.11.15

幅広い分野の1万1000人を超える科学者たちが、「気候非常事態」を宣言する新しい論説に署名した。だが、他の研究者たちは、同論説で提案された方策の一つである人口増加の停止について即座に批判している。

「現在、年間約8000万人、または1日あたり20万人以上増え続けている世界の人口を安定させ、理想的には徐々に減らしていく必要があります」。11月5日に『バイオサイエンス(BioScience)』に掲載された論説は提案している。

論説の著者たちは、出生率を効果的に低下させる主な手段として、家族計画サービスをより広く利用可能にすること、少女と若い女性の教育を改善すること、およびジェンダーの平等を増やすことなどを挙げている。

しかし、豊かな国では一般に出生率が横ばいまたは低下しているため、この提案は主にアフリカとアジアの急成長中の途上国を対象としているようだ。国連は、出生率の高い順に並べると、インド、ナイジェリア、パキスタン、コンゴ民主共和国、エチオピア、タンザニア連合共和国、インドネシア、エジプト、米国(移住が成長の主な原動力になると予想されている)の9カ国が、現在から2050年までに予測される人口増加の半分以上を占めると見積もっている。

「先進国の多くの白人は人口を減らすべきだと言っていますが、それは『帝国主義の枠組み』という言葉に換言されるものです」とジョンズホプキンス大学高 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
【春割】実施中! ひと月あたり1,000円で読み放題
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る