KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付開始。
微小重力環境で
火はどう燃えるのか?
ISSで着火実験へ
NASA
ビジネス・インパクト Insider Online限定
Astronauts will soon get to light a fire onboard the ISS

微小重力環境で
火はどう燃えるのか?
ISSで着火実験へ

国際宇宙ステーション(ISS)では、おびただしい数の風変わりな実験が実施されており、ここ数週間以内には、微小重力環境下で火がどのように燃えるかを調べる実験が予定されている。宇宙船内で火災が発生した際の燃え広がり方を予測することのほか、地球上で火災の拡大を防ぐために建物をどう設計すべきかの洞察が得ることが目的だ。 by Neel V. Patel2019.12.10

火で遊ぶことは通常、決しておすすめできることではない。まして地球の約400キロメートル上空の宇宙船内となればなおのことだ。しかし、ISS(国際宇宙ステーション)に搭乗する宇宙飛行士たちは数週間以内に、小型の風洞内で火をつける任務を命じられることになっている。微小重力環境下で火がどのように振る舞い、広がるかを理解するためだ。

地球上では、重力が冷たくて濃い空気を押し下げることで燃焼を助け、対流プロセスを作り出し、燃え上がる炎に新しい酸素を供給する。ただし、重力を計算から外すと、火の振る舞いははるかに予測不可能となる。ISSや他の宇宙船で実際に火災が発生した場合に、閉じ込められ加圧された空間でどのように火が広がるのかを理解する必要がある。

宇宙飛行士が宇宙船内で意図的に火をつけるのは、この実験が初めてのことではない。2008年に米国航空宇宙局(NASA)は、グローブボックスサイズの「燃焼統合ラック(Combustion Integrated Rack)」をISSに送り、微小重力環境下で小さな火を燃やすテストをした。2016年から2017年に実施した「サファイア(SAFFIRE)」と呼ばれる3つのテストでは、無人の「シグナス(Cygnus)」宇宙船に意図的に着火した。同宇宙船はISSへの補給任務をすでに完了し、どのみち地球の大気中で燃焼される予定だった。これらの実験では、微小重力環境下でも安定した炎を得ることは可能で …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る