KADOKAWA Technology Review
×
スペースXが衛星に新塗装、天文観測への影響を回避できるか?
AP
ビジネス・インパクト 無料会員限定
SpaceX will test making Starlink satellites less shiny to appease angry astronomers

スペースXが衛星に新塗装、天文観測への影響を回避できるか?

大量の人工衛星の打ち上げを進めているスペースX(SpaceX)に対して、天文学者たちから苦情が寄せられている。スペースXは光の反射を抑えるために新しいコーティングを採用した衛星で対応したい考えだ。 by Neel V. Patel2020.01.08

いまのところ、天文学者たちの間でスペースX(SpaceX)の評判は芳しくない。「スターリンク(Starlink)」コンステレーション(衛星群)計画の第一弾としてスペースXが2019年5月に打ち上げた60基の人工衛星に続き、11月に打ち上げた第2弾の60基の人工衛星も、ともにはっきりとその姿を空に見ることができる。科学者たちは、何千もの新しい明るい光が空に出現すれば、天体観測を永遠に妨げることになるだろうと警告している。

この問題は、完全にスペースXの意表を突くものだった。スペースXのグウィン・ショットウェル社長兼COO(最高執行責任者)は、2019年12月6日の記者会見で「誰も、そのことを思い付きませんでした」と語った。「私たちも天文学会も、考えがいたりませんでした」。

https://www.youtube.com/watch?v=ytUygPqjXEc

高まる批判への対応策として、スペースXはスターリンク衛星を試験的にコーティングし、光の反射を抑えるテストをすると発表している。ショットウェル社長によると、12月後半に打ち上げる新しいスターリンク衛星60基のうちの1基の底部をコーティングするという(日本版注:打ち上げは延期され、2020年1月6日に打ち上げに成功した)。

スペースXは、将来的により多くの人工衛星にコーティングを施す前に、テストをしたいと考えだ。というのも、反射防止コーティングの特性により、人工 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る