KADOKAWA Technology Review
×
顕在化した「AI倫理」問題
2020年は行動の年に
Getty
知性を宿す機械 無料会員限定
In 2020, let’s stop AI ethics-washing and actually do something

顕在化した「AI倫理」問題
2020年は行動の年に

2019年はかつてないほど、人工知能(AI)の倫理的問題に関する話題が多い年であった。その取り組みはまだ緒に就いたばかりだ。 by Karen Hao2020.01.02

2018年に私が人工知能(AI)の取材を始めたちょうどその頃、AIの世界では大きな警鐘が鳴らされていた。この年のAI研究には、強化学習や敵対的生成ネットワーク(GANs)、自然言語理解の向上などいくつかの驚くべき進歩があった。しかしその一方で2018年はまた、いくつかの目立った事例により、AIシステムが急速に展開された場合に危害を引き起こす可能性があることが示された年でもあった。

テスラ(Tesla)の自動車がオートパイロットでドライバーの死亡事故を起こし、ウーバーの自動運転自動車が歩行者を死亡させる事故を起こした。商用顔認識システムが肌の色が濃い人々の監査でほとんど使い物にならないにも関わらず、大手テック企業は司法当局などの顧客相手に販売を続けた。2019年の初めに、これらの出来事を鑑みて、私はAIコミュニティ向けに解決案を書いた。AIを魔法のように扱うのをやめ、責任を持って作成、適用し、倫理的に規制しようということだった。

いくつかの点で、私の願いは叶った。2019年には、これまで以上にAI倫理の話題が増えた。多くの組織がAI倫理ガイドラインを作成した。企業は、責任のあるAIチームを大急ぎで設立し、メディアの前で見せびらかした。今では、AI関連のほとんどのカンファレンスで、倫理関連の話題がプログラムの一部を占めている。「AIが大量のデータを必要とする場合、どのように人々のプライバシーを保護するか」「 どうすれば社会的に無視されたコミュニティから搾取する代わりに、彼らに力を与えられるか」「 アルゴリズムが偽情報を作成・拡散しているのを目の当たりにして、メディアを信頼し続けるにはどうすればよいか」といった具合だ。

2019年はかつてないほど、人工知能(AI)の倫理的問題に関する話題が多い年であった。その取り組みはまだ緒に就いたばかりだ。
こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る