KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Three Touchy Questions for Tech Leaders to Ask Trump

テック企業とトランプ次期大統領の会合で話し合われるべき3つの議題

テック企業の幹部を自宅に呼びつける次期大統領の方針は、はっきり言ってよくわからない。 by Mike Orcutt2016.12.14

ピーター・ティール(PayPal創業者でシリコンバレーの大物ベンチャー投資家)を除いて、テック業界に大統領選挙でドナルド・トランプを熱烈に応援した人間はほとんどいなかっただろう。しかしトランプが次期大統領になることが決定した今、米国のほとんどの大手テック企業は、次期大統領本人と政権移行チームが水曜日にトランプ・タワーで開催する会合に出席するためにスケジュールを空けている。

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)、フェイスブックのシェリル・サンドバーグCOO、アルファベット(グーグル)のラリー・ペイジCEO、アップルのティム・クックCEO、アマゾンのジェフ・ベゾスCEOのほか、マイクロソフトやIBM、インテル等、他の企業のCEOも、この会合に出席すると見られている。

会合の議題は公開されていないが、移民問題から税制、ドローンまで、さまざまな件が幅広く取り扱われるだろう。しかし、トランプ自身は以下の論点に関わる政策課題について明確な姿勢を示していないか、矛盾した見解を示しており、会合の出席者の多くは、トランプの本当の立場を明確にしたいと考えているはずだ。

トランプのサイバー・セキュリティ計画:もっと詳しく教えて!

次期大統領自身がサイバー・セキュリティを速やかに最優先にすると述べており、この議題から始めるのが妥当だろう。会合に出席するすべての経営者は、高まるサイバー危機に対しトランプ政権がどう対応するかを知りたいはずだ。最近公開された映像でトランプは、米国国防総省と統合参謀本部に「重要なインフラをサイバー攻撃から守るための総合的な計画を作成するよう」要請すると述べた。

しかし、この問題は非常に複雑だ。政府の方針しだいで、Webカメラから電気自動車まで、関 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント