KADOKAWA Technology Review
×
気候変動で米共和党が大転換、「ごった煮」政策の中身
Photo by Dave Michuda on Unsplash
持続可能エネルギー 無料会員限定
What the GOP’s proposed climate policies would, and wouldn’t, do

気候変動で米共和党が大転換、「ごった煮」政策の中身

気候変動政策の必要性を否定してきた米共和党が大統領選を前に姿勢を転換。植林や二酸化炭素回収技術への投資、プラスチック削減まで多岐にわたる政策を提案している。 by James Temple2020.02.06

米国下院の共和党議員が、かつては考えられなかった行動を見せている。一連の気候変動政策を提案しているのだ。

提案されている方策はまったく不十分だ。しかしその内容は、右派の姿勢を転換させるものだ。政党が激しく対立する今の時代において、少なくとも一部の気候政策を実行する小さな突破口が開けるかもしれない。

アクシオス(Axios)によれば、共和党の提案に含まれるのは、大量の植樹による大気からの二酸化炭素の吸収や、エネルギーの研究開発に関する連邦資金の倍増、 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る