KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
A History of Yahoo Hacks

ハッキングされ続けるヤフーの歴史

ヤフーの大規模なセキュリティー侵害は約10億人に影響を与えたが、ヤフーの歴史を振り返れば起こるべくして起きたともいえる。 by Jamie Condliffe2016.12.16

ヤフーは、システムに対する深刻なセキュリティ侵害が10億人以上のユーザーに影響を及ぼしたと認めた。ヤフーにとって過去最悪の規模であり、ハッキングされたユーザーのデータ数でも過去最大かもしれない。しかし、ヤフーにしてみれば、ここ数年の恥ずかしいセキュリティ問題の報告書に、新しい行を追加するだけ、ともいえる。

2012年 : ヤフー、事業買収で面倒を取得

2010年にユーザー作成型メディアのアソシエーテド・コンテント(Associated Content)を1億ドルで買収したとき、ヤフーは面倒まで取得してしまった。2012年7月、ハッカーがヤフー・ボイス(アソシエーテド・コンテントの新名)のサーバーから盗み出したヤフーの内部情報であるメールアドレスと暗号化されたパスワードを公表したのだ。この攻撃で不正アクセスされたユーザーアカウントは40万人分。ヤフーに引き継いだシステムにセキュリティの脆弱性が存在していたにも関わらず、誰も対処しようとしなかったことが原因だ。

2013年 : メールのフィッシング詐欺

2013年は年初からヤフーは災難に見舞われた。ヤフーメールの多くのユーザーが、自身のアカウントがハッキングされたと報告し、その数は一向に減らなかったのだ。セキュリティホールを次々に解決しても、2013年の第1四半期、不正アクセスに対するユーザーの不満は止まらなかった。ヤフーメールのアカウントはフィッシング攻撃の標的にされていた。フィッシング攻撃ではユーザーはメール内のリンクをクリックするよう促され、リンクをクリ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント