KADOKAWA Technology Review
×
【10月31日まで】日本初開催 「Innovators Under 35」候補者募集中
Is the Electric Car Startup Faraday Future Doomed to Fail?

自称テスラのライバル「ファラデー・フューチャー」はこけおどし企業だったのか?

自称テスラのライバル企業ファラデー・フューチャーは、今年1月のCESで大々的にコンセプトカーを発表したが、内情は火の車とい噂が飛び交っている。 by Michael Reilly2016.12.23

メディアはよくも悪くも報道するが、中国の億万長者ジア・ユエティン(Jia Yueting)が資金を提供した秘密主義のスタートアップ企業、ファラデー・フューチャー(Faraday Future)に関する最近の報道は一貫している。急成長する電気自動車市場に参入し、テスラと競争すると約束したファラデー・フューチャーに関するいくつか記事は、問題のあるビジネス手法のパターンに陥っていることを詳細に伝えており、同社が1台の車も販売せずに崩壊しつつあることを示している。

ザ・バージ(the Verge)が12月22日に伝えた記事によれば、ファラデー・フューチャーは、投資家やサプライヤーの目にとまらないように、知的財産を幽霊会社に隠している。疑わしいが、それ自体は崩壊の兆しとはいえない。しかし、ザ・バージと最近のバズフィードの調査記事が報じたとおり、ファラデー・フューチャーは、異常なほど現金を浪費しており、巨額の債務を抱えている。さらに出資者のジアは、ファラデーの従業員を選び出し、自身のテック企業ルエコ(LeEco)の自動運転車プロジェクトに取り組ませているという。従業員は、ファラデーの自動運転車はベイパーウェア(完成の目処が立たないまま発表された製品)だという。

それでも、ファラデー・フューチャーは、近日販売予定の車は世界をあっと言わせると堂々と主張している。宣伝用ビデオでは、レース場でフェラーリやテスラを相手に競争で勝つ様子が映されている。ファラデーの経営幹部の話によると、同社の電気自動車には100〜120kWhのバッテリー(テスラの大容量バッテリーパックP100Dも100kWh)が搭載される。さらに、顧客は車を所有することなく、サブスクリプションサービスに登録し、好きなときにいつでもファラデーの自動自動車を呼び出せるという。

宣伝文句を聞くと、ライドシェアと自律自動車をマッシュアップした高級版ジップカー(カーシェアリングサービス)のようだ。つまり、バズっているキーワードをごちゃ混ぜにして、個人向け輸送業界用にひとつにまとめた感じがする。

ファラデー・フューチャーは来年1月にラスベガスで開催されるコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)で、初の市販モデルカーを発表すべく出展を計画中であり、同社が実際に壮大な崩壊に突き進んでいるかはすぐに明らかになる。2016年のCESで散々な目に会ったファラデー・フューチャーだが、2017年のCESはお披露目パーティーになり得る。

すべてが順調なら、ファラデー・フューチャーに未来はあるだろう。そうでないなら、ファラデーの進路は限られている。ある情報筋はザ・バージに対して「ファラデー・フューチャーがCESの後に資金を工面できない場合、来年2月には資金が底をつくだろう」と語った。

(関連記事:The Verge, BuzzFeed

人気の記事ランキング
  1. OSIRIS-REx collected too much asteroid material and now some is floating away NASA探査機、小惑星のサンプル採取に成功も多過ぎて蓋が閉まらず
  2. The deadline for IU35 Japan entries is approaching Innovators Under 35 Japan、候補者の応募・推薦締切迫る
  3. There might be even more underground reservoirs of liquid water on Mars 火星の南極に新たな地下湖、生命体が見つかる可能性も
  4. Satellite mega-constellations risk ruining astronomy forever 増え続ける人工衛星群で天体観測が台無し、解決策はあるか?
  5. Room-temperature superconductivity has been achieved for the first time 世界初、15°C「室温超伝導」達成 夢の新技術へ突破口
タグ
クレジット Photograph by Greg Baker | Getty
マイケル レイリー [Michael Reilly]米国版 ニュース・解説担当級上級編集者
マイケル・レイリーはニュースと解説担当の上級編集者です。ニュースに何かがあれば、おそらくそのニュースについて何か言いたいことがあります。また、MIT Technology Review(米国版)のメイン・ニュースレターであるザ・ダウンロードを作りました(ぜひ購読してください)。 MIT Technology Reviewに参加する以前は、ニューサイエンティスト誌のボストン支局長でした。科学やテクノロジーのあらゆる話題について書いてきましたので、得意分野を聞かれると困ります(元地質学者なので、火山の話は大好きです)。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. OSIRIS-REx collected too much asteroid material and now some is floating away NASA探査機、小惑星のサンプル採取に成功も多過ぎて蓋が閉まらず
  2. The deadline for IU35 Japan entries is approaching Innovators Under 35 Japan、候補者の応募・推薦締切迫る
  3. There might be even more underground reservoirs of liquid water on Mars 火星の南極に新たな地下湖、生命体が見つかる可能性も
  4. Satellite mega-constellations risk ruining astronomy forever 増え続ける人工衛星群で天体観測が台無し、解決策はあるか?
  5. Room-temperature superconductivity has been achieved for the first time 世界初、15°C「室温超伝導」達成 夢の新技術へ突破口
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る