KADOKAWA Technology Review
×
新型コロナ、抗体検査で正確な感染者数は明らかになるか?
USAF
生命の再定義 無料会員限定
This blood test can tell us how widespread coronavirus really is

新型コロナ、抗体検査で正確な感染者数は明らかになるか?

米マウントサイナイ医科大学の研究チームが、新型コロナウイルスに対する抗体の有無を調べることで、同ウイルスに感染経験が分かる血液検査を開発した。感染者の正確な数を把握し、政府などが適切な対策を決めるうえで役立ちそうだ。 by Antonio Regalado2020.03.22

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染はどのくらい広がっているのか?無症状病原体保有者の数は?実際の死亡率は?

こうした重大な疑問に科学者たちは答えられない。しかし、ニューヨーク市にあるマウントサイナイ医科大学の研究チームが、まさにこの疑問の答えを提供してくれる検査を開発した。

3月18日に投稿されたプレプリント(査読前論文)によると、この検査は血液中の新型コロナウイルス抗体の有無を調べるものであり、最も広く使用されているタイプのHIV(ヒト免疫不全ウイルス)検査に似ている。

こうした検査では、免疫システムが検査対象とするウイルスに接触したことがあるかないかを調べるので、感染者数の正確な把握に役立つ。疾患モデル開発者と政府は、社会生活をどれくらい広範に制限する必要があるのかを正確に評価するために正確な感染者数を緊急に必要としている。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による死者は3月17日時点で8700人を超えている。これは確認されている21万4000人の感染者の約4%にあたり、 驚くほど高い死亡率となっている。

しかし、新型コロナウイルスに実際に感染したすべての人を考慮した場合、致死率は間違いなく4%よりも低い。おそらく4%よりもはるかに低いだろう。このことを疫学者が断言できない理由は、一度も医療機関へ行かない、または症状が出てさえいない感染者が何人いるか分からないからだ。基本的に、モデル作成において死亡率を計算するための正確な分母は不明な状態だ。

このことは政策を決定する上で大きな問題だ。スタンフォード大学のジョン・ヨアニディス教授は3月17日、医科学メディア「スタット(STAT)」の記事で、実際の死亡率は季節性インフルエン …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る