KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Startup Tries to Improve Infant Formula by Using Human Proteins

粉ミルクの肥満・糖尿病リスクは生物工学で解決できるか?

ヒトの母乳には1600種類のタンパク質が含まれており、幼児の成長に合わせて変化する。そんな人工乳は製造できないが、少しは近づけるかもしれない。 by Christina Couch2016.12.28

母乳は乳児の必要に応じてカスタマイズされる、ほぼ完璧な食品だ。乳児用調製粉乳(粉ミルク)は品質面で母乳に劣っており、科学者は差を縮めようとしてはきたが、保健衛生面での差は残る。たとえば、いくつかの(全てではない)研究によれば、粉ミルクで育てられた乳児の肥満と糖尿病のリスクは、母乳で育てられた乳児よりも高い。

粉ミルクが母乳にあと一歩近づけない理由は、ヒトの母乳が複雑で、1600種類以上のタンパク質を含んでおり、そのうちの何種類かのタンパク質は、乳腺に留まるにつれて進化するからだ。一方で、ほとんどの粉ミルクの主要原料である牛乳には、ずっと少ない種類のタンパク質しか含まれていない。

サンフランシスコのスタートアップ企業バイオナセント(BioNascent)が、生物工学によってこの差をなくそうとしている。2016年2月に起業したバイオナセントは、粉ミルクに含まれるウシのタンパク質を、酵母菌と菌類にヒトの遺伝子を導入する方法で実験室製のヒトのタンパク質に置き換える。バイオナセントはすでに、α-ラクトアルブミン(母乳に含まれる全タンパク質のうち20〜30%を占めるが、牛乳のタンパク質のたった約3%しかない)の再現に成功したという。

バイオナセントのクレイグ・ルースキー最高経営責任者(CEO)兼最高科学責任者は、α-ラクトアルブミンを実証実験の対象タンパク質に選んだのは分子が単純だからだという。ルースキーCEOは、遺伝子組み換えタンパク質テクノロジー分野で15年間の経験がある分子生物学者で、2014年には今回と同様の手法で、ウシのタンパク質を研究室で作られた同一のタンパク質で置き換え、ウシ由来ではないチーズを作る別のプロジ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント