KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Behind the Numbers of Virtual Reality’s Sluggish Debut

VRは期待はずれ? 10年耐えられる企業が最後に勝つ

大々的な宣伝が何年も続いた後、高性能のVRゴーグルが2016年、ついに発売された。しかし、VRゴーグルを買った人は少ししかいない。その理由を考えてみよう。 by Signe Brewster2016.12.31

クラウドファンディングのキックスターターが、最初の現代的VRゴーグルの実現を約束したのは4年前だ。2016年、ついに実質現実(VR)テクノロジーは商業化された。現在、オキュラスやソニー、HTC製の高機能VRゴーグルが市販されている。12月31日までには、世界中で200万台以上のデスクトップ向けVRゴーグルが販売されると考えられている。

しかし「200万台」という数字は、VRという今話題の新しい消費者向けテクノロジーが登場した出来事を正確に表していない。調査会社のカナリス(Canalys)によれば、2016年末までのプレイステーションVRの販売見込みは80万台、HTC Viveは50万台、オキュラス・リフトVRゴーグルは40万台だ。一方、ガートナーによれば、アップルは2007年(iPhoneが登場した年)の6カ月間でiPhoneを330万台販売した。iPhoneの販売台数は2008年には1140万台に達した。

実質現実が非常に革新的で、全く新しいジャンルであることに疑いの余地はない。VRゴーグルを装着した人なら誰でも、実質現実の大きな可能性をはっきり理解するだろう。2014年にオキュラスを買収後、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は「ただ単に自宅でゴーグルを装着するだけで、観客席に座って試合を楽しみ、世界中から集まった生徒や教師のいる教室で勉強し、1対1で医師に診察されることを想像してみてください …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント