1. コネクティビティ
    オキュラス年次会議を「VR取材」 使って分かった残念な現実
    実質現実(VR)ベンダーが有望性を喧伝し続けているにもかかわらず、VRテクノロジーはいまだに有意義な形で実用化されてはいない。MITテクノロジーレビューの上級編集者が、VRヘッドセットを用いて、オキュラス(Oculus)の開発者向け会議に自宅からバーチャルに参加し、使い勝手を試した。 Rachel Metz12カ月前
  2. コネクティビティ
    発売が待ち遠しいVR/ARヘッドセットとアプリ5つ
    新しいヘッドセットからハリー・ポッターのゲームやスピルバーグの映画まで、今年登場が待ち遠しいVR/AR関連の商品を紹介。 Rachel Metz2年前
  3. コネクティビティ
    このVR作品が見せる物語には偏りがない。偏ることなく現実に向き合うとする。過去に戦争写真が持っていた世界に与える影響力と劇的な情報伝達能力をVRを使って取り戻そうと、あるフォトジャーナリストによる先駆的な挑戦が始まった。 Wade Roush2年前
  4. コネクティビティ
    アマゾンがAR/VRビジネスに最後発で参入、安すぎて心配
    アマゾンがついにVR・AR市場に参入した。専門知識がなくてもVR・ARアプリが作れるAWSのサービスだ。アマゾンは、現在は収益があがらなくても、VR・AR市場の拡大をはかることで、将来につなげたいと考えている。 Rachel Metz2年前
  5. コネクティビティ
    まだまだ小さなVR市場で、従業員やスポーツ選手向けのトレーニングを提供するスタートアップ企業が伸びている。世界最大の小売業者であるウォルマートの従業員教育に採用され、今後、さまざまな職種のトレーニングに使えるようにする予定だ。 Rachel Metz2年前
  6. コネクティビティ
    実質現実(VR)は業界の期待に反して、いまだ一部のゲームユーザーの心しか掴んでいない。VR体験の本質的な価値とは何か? 何を目指しているのか?オキュラスの主任科学者に話を聞いた。 Rachel Metz2年前
  7. コネクティビティ
    「VR酔い」のレベルを自分で調整できるゲームが開発中
    VRの普及を妨げている要素の1つが、「VR酔い」の問題だ。人によって違う「酔うレベル」を自分で調整できるようになれば、VRはもっと広がっていくかもしれない。 Rachel Metz2年前
  8. コネクティビティ
    ARがついにブレイク?99ドルのホロレンズ風スマホゴーグル
    99ドルで購入できるスマホ装着型の拡張現実(AR)ヘッドセットが登場する。ホロレンズのように現実にバーチャルの物体を重ねることもできる。ARヘッドセットとして初のヒット商品となるのだろうか。 Rachel Metz2年前
  9. コネクティビティ
    フェイスブック、VRからニュースフィードにライブ配信
    フェイスブックが実質現実(VR)からニュースフィードにライブ配信できる機能を追加した。不振が伝えられるオキュラスのてこ入れになるかは未知数だ。 Rachel Metz2年前
  10. コネクティビティ
    オキュラスがまた値下げ、VRはビジネスになるか
    オキュラス・リフト(Oculus Rift)が期間限定でまた値下げされた。プレイステーションVRよりも安くなったものの、これで売れるようになるのだろうか。 Jamie Condliffe2年前
  11. 知性を宿す機械
    気まずさは本物以上
    ソーシャルVRの
    嫌がらせ行為
    VR空間での嫌がらせ行為は、現実世界より過激で気分が悪くなりやすい可能性がある。ソーシャルVRはミュートやバリアなどの機能を充実させているが、交流を妨げないバランスも重要だ。 Tom Simonite3年前
  12. コネクティビティ
    絶好調プレイステーションVRと不調のオキュラスは何が違う?
    プレイステーションVRの販売台数は、販売開始6カ月以内に100万台の社内目標を上回るのは確実で好調だ。オキュラスVRのVRゴーグル「リフト」は大幅値下げで販売不振をばん回しようとしている。 Jamie Condliffe3年前
  13. コネクティビティ
    水中のVR体験は
    意外に楽しい☺☺☺
    水中でバーチャル・リアリティーを楽しめる試作ゴーグルは、アイデアとしては馬鹿馬鹿しくても、体験としては素直に楽しい。 Rachel Metz3年前
  14. コネクティビティ
    映画は20世紀を代表する大衆芸術だった。ではバーチャル・リアリティは21世紀を代表する娯楽になるだろうか? Ty Burr3年前
  15. コネクティビティ
    アタリ創業者、45年ぶりに「ポン」VR化でアーケードに進出
    アタリ創業者のノーラン・ブッシュネルが、世界初のビデオゲーム「ポン」のVR版をアーケードゲームとして復活させた。VRゴーグルは、価格や大きさ、操作感の何かが足りず、爆発的普及には至っていない。そこで開発元のModal VRはショッピング・モール等でVRに親しむ機会を増やすのがよいと考えている。 Rachel Metz3年前
  16. コネクティビティ
    バーチャル・リアリティに匂いを加える最先端研究
    実際には何も食べずに、食べる、味わうという行為がエンターテインメントになるかもしれない。視覚、触覚、嗅覚を組み合わせたアミューズメント施設や、世界中のレストランを実食体験ができるサービスが可能になる。 Rachel Metz3年前
  17. コネクティビティ
    VRは期待はずれ? 10年耐えられる企業が最後に勝つ
    大々的な宣伝が何年も続いた後、高性能のVRゴーグルが2016年、ついに発売された。しかし、VRゴーグルを買った人は少ししかいない。その理由を考えてみよう。 Signe Brewster3年前
  18. コネクティビティ
    VRゴーグルの孤立効果を逆手にとった面白いゲーム
    今度の休日、自宅に用意する実質現実ヘッドセットはたったひとつだけでいい。部屋にいるみんなを巻き込むゲームを紹介しよう。 Signe Brewster3年前
  19. コネクティビティ
    「VRは最初の驚きだけで中味なし」と、オキュラス幹部が認める
    2016年は「VR元年」といわれていたが、VRメーカーの幹部でさえ、なぜVRに価値があるのか、上手に説明できないことを認めだした。 Jamie Condliffe3年前
  20. コネクティビティ
    フェイスブックとオキュラス
    ソーシャルVRで融合へ
    マーク・ザッカーバーグCEOがヘッドセットを身につけ、なぜユーザーがバーチャル空間で友人とたむろしたいと思うかを示した。 Tom Simonite3年前
  21. コネクティビティ
    オキュラス・タッチとリフト
    組み合わせたら最高に楽しい
    オキュラスの新型ハンドコントローラは、実質現実の魅力を高める。 Tom Simonite3年前
  22. コネクティビティ
    オキュラスが
    仮想世界の疑似感覚を開発中
    オキュラスの研究者は触覚プロジェクトでボールの動きや物体が迫ってくる感覚を再現しようとしている。 Rachel Metz3年前