KADOKAWA Technology Review
×
露呈したサプライチェーンの脆さ、分散台帳は救世主になるか?
sergio souza on Unsplash
コネクティビティ 無料会員限定
The pandemic has messed up global supply chains. Blockchains could help.

露呈したサプライチェーンの脆さ、分散台帳は救世主になるか?

新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、グローバルなサプライチェーンの脆弱さを浮き彫りにした。従来の紙ベースの取引をブロックチェーンの分散台帳ベースに置き換えることは、サプライチェーンの可視性を高め、将来の危機に対して回復力を持たせるために有効な手段となる可能性がある。 by Mike Orcutt2020.04.15

世界中に感染を広げている新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は、グローバルなサプライチェーンが混乱に対していかに脆弱であるかを浮き彫りにした。そうした中、世界経済フォーラム(WEF)のWebサイトにサプライチェーンの復元力を高めるための方法が掲載された。ブロックチェーンだ。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的な流行)による隔離、都市封鎖、航空機の減便は、世界中の正常なビジネスの運営を妨げ、買い手がサプライヤーの状況を把握することを困難にした。ブロックチェーンベースのサプライチェーン・ソフトを開発するスキューチェーン(Skuchain)の共同創業者であるレベッカ・リアオ副社長と、世界経済フォーラム デジタル貿易部のジヤン・ファン部長は、平時でさえ、そうした可視性の欠如はサプライチェーンの効率を低下させる恐れがあると述べている。だが、危機の最中においては、買い手は別のサプライ …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る