KADOKAWA Technology Review
×
【今週水曜26日開催】1800人が参加した「生成AI」第3弾。イベント申込受付中!
How to submit a change to the Covid Tracing Tracker project

「新型コロナ追跡アプリ」追跡プロジェクト ご協力のお願い

MITテクノロジーレビューが立ち上げた「コビッド・トレーシング・トラッカー(Covid Tracing Tracker)」プロジェクトではさらなる情報を求めています。 by Bobbie Johnson2020.05.12

MITテクノロジーレビューの「コビッド・トレーシング・トラッカー(Covid Tracing Tracker)」プロジェクトは、公的文書や報道などの情報源を精査し、世界中の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)接触者追跡アプリの社会的な信用を監視するものです。世界には数多くの国が存在し、文書や情報はさまざまな言語で流通し、接触者追跡のプロセスを自動化するための多様なアプリやサービスが存在します。MITテクノロジーレビューは、このデータベースをより正確で質の高いものにするため、多くの人々の支援を求めています。

そこで、既存のデータセットで改善できるところを見付けた場合には、ぜひご連絡ください。

データベースに関する更新、訂正、追加情報をお持ちの場合は、関連情報をCTT@technologyreview.comまで英語でお送りください。その際、政府や開発者の発表、検証可能な情報源、公開されている研究など、参照可能なオリジナルの情報源の明記をお願いいたします。

私たちが求めているもの

各国政府に支援を受けている自動化された接触者追跡アプリに関する、最新の情報を求めています。データベースの発展に伴って、主要な州レベルでの接触者追跡対策の追加も計画しています。

具体的には、どの国で運用されているのか? 名称は何か? 開発主体はどこか?  すでにリリースされているのか? どこで、どのプラットフォームで使えるのか? どのようなテクノロジーを使っているのか? 何人がダウンロードしたのか? といった基本的な質問に対する回答を含みます。

また、私たちのプライバシー原則リストに照らした識見を得られる情報も求めています。アプリは自発的に利用するものか? どのようなデータが収集され、データの共有方法に関する制限はあるか? データは30日以内に削除されるのか? ポリシーは一般に公開されているのか? コードはオープンソース化されているのか? といった情報です。

公的文書、Webページ、発表などへのリンクと共に、その情報がどのように使われるのかに関する詳細があれば、なお歓迎いたします。

私たちが求めていないもの

現時点では、自動接触者追跡アプリにのみ対象を絞っており、APIやその他のプロトコル、または情報系のWebサイトやアプリ、サービスは対象としていません。また、手作業による接触者追跡の取り組みに関する情報も対象外です。

人気の記事ランキング
  1. What happened when 20 comedians got AI to write their routines AIは「笑い」を取れるか? プロがLLMにネタを書かせた結果
  2. Trajectory of U35 Innovators: Sadayuki Furuhashi 古橋貞之:世界中で使われるソフトウェアを作る日本人プログラマー
  3. Biotech companies are trying to make milk without cows 「牛を使わないミルク」ベンチャーに脚光、鳥インフル感染拡大で
ボビー・ジョンソン [Bobbie Johnson]米国版 上級編集者
サンフランシスコを拠点に、主に特集と紙の雑誌の編集を担当しています。前職は、数々の受賞歴があるオンライン・マガジン「マター(Matter)」の共同創設者。ガーディアン紙ではテクノロジー記者と編集者を務めていました。
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
人気の記事ランキング
  1. What happened when 20 comedians got AI to write their routines AIは「笑い」を取れるか? プロがLLMにネタを書かせた結果
  2. Trajectory of U35 Innovators: Sadayuki Furuhashi 古橋貞之:世界中で使われるソフトウェアを作る日本人プログラマー
  3. Biotech companies are trying to make milk without cows 「牛を使わないミルク」ベンチャーに脚光、鳥インフル感染拡大で
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る