KADOKAWA Technology Review
×
【1/31まで】ひと月あたり1000円。
お得に購読できるキャンペーン実施中!
ヴァージン・オービット、空中打ち上げロケットの初試験に失敗
AP
Virgin Orbit’s rocket has failed on its first attempt to get into space

ヴァージン・オービット、空中打ち上げロケットの初試験に失敗

米国の人工衛星企業であるヴァージン・オービットは、同社の主力ロケットであるランチャーワン(LauncherOne)の初飛行試験に失敗した。 by Charlotte Jee2020.05.27

ヴァージン・オービット(Virgin Orbit)は5月25日、「ランチャーワン(LauncherOne)」ロケットの飛行試験に失敗した。7年間かけて開発とテストを重ねた後の初の飛行試験だった。ランチャーワンはボーイング747によって輸送され、カリフォルニア沖の太平洋上で切り離された。ロケットは数秒間落下した後、空中でエンジンを点火して地球を周回する低軌道に突入するはずだった。だが点火はしたものの軌道には乗らず、海上に落下した。今回の飛行は実際に衛星を宇宙に打ち上げるというよりも、データ収集を意図したもの。ボーイング747の搭乗員と2機目の安全確保用飛行機は、無事にモハベ航空宇宙空港に戻った。

ヴァージン・オービットは ツイッターで、失敗の原因は飛行の第1段階で「異常」が発生したためとし、「今日収集した大量のデータをエンジニアが分析した後、さらに多くのことが分かるでしょう」と約束した。今回の試験に先立ち、同社の特別プロジェクト統括責任者であるウィル・ポメランツ副社長は、成功するチャンスは50%しかないと語っていた。「歴史を振り返ってみても、初飛行が必ずしもうまくいくわけではありません」。ランチャーワンは今回の飛行試験の前に、飛行機から投下されたことはあった (2019年7月に撮影された上の写真を参照)。しかし、エンジンに点火したのは今回が初めてだった。

ポメランツ副社長が述べたように、初飛行が失敗に終わることは珍しいことではない。今回の失敗がヴァージン・オービットにどんな影響を与えるかはすぐには分からない。同社によると、現在、問題発生の原因を分析中であり、代替用ロケットを使ってできるだけ早く次の飛行試験に乗り出すことを「熱望している」という。ポメランツ副社長は次のチャンスについて楽観的な見通しを示しており、エンジンが期待通りに点火したということ自体、「最大の技術的リスクの一つ」を首尾よく克服したことを意味すると述べている。

人気の記事ランキング
  1. Going bald? Lab-grown hair cells could be on the way 幹細胞技術で「髪」復活、究極の薄毛治療は実現するか?
  2. The worst technology of 2021 MITTRが選ぶ、2021年の「最低なテクノロジー」5選
  3. These are the most detailed photos yet of the far side of the moon 中国、過去最高解像度の「月の裏側」写真を公開
  4. The metaverse has a groping problem already メタのバーチャル空間でさっそく痴漢行為が発生、安全策は?
シャーロット・ジー [Charlotte Jee]米国版 ニュース担当記者
米国版ニュースレター「ザ・ダウンロード(The Download)」を担当。政治、行政、テクノロジー分野での記者経験、テックワールド(Techworld)の編集者を経て、MITテクノロジーレビューへ。 記者活動以外に、テック系イベントにおける多様性を支援するベンチャー企業「ジェネオ(Jeneo)」の経営、定期的な講演やBBCへの出演などの活動も行なっている。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Going bald? Lab-grown hair cells could be on the way 幹細胞技術で「髪」復活、究極の薄毛治療は実現するか?
  2. The worst technology of 2021 MITTRが選ぶ、2021年の「最低なテクノロジー」5選
  3. These are the most detailed photos yet of the far side of the moon 中国、過去最高解像度の「月の裏側」写真を公開
  4. The metaverse has a groping problem already メタのバーチャル空間でさっそく痴漢行為が発生、安全策は?
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る