KADOKAWA Technology Review
×
国家安全法で激変する香港のネット環境、ティックトックは撤退へ
Getty
The internet is changing drastically for Hong Kong’s citizens

国家安全法で激変する香港のネット環境、ティックトックは撤退へ

中国政府が「香港国家安全維持法(国家安全法)」を7月1日に施行して以来、香港のインターネット環境は大きく様変わりしている。7月7日にはティックトックが、香港からの完全撤退を発表した。 by Charlotte Jee2020.07.09

国際的に物議を醸している「香港国家安全維持法(国家安全法)」を中国が7月1日に施行してからわずか1週間。中国が香港に対して絶大な権力を行使できるようになる同法により、半自治都市の香港市民にとってインターネット環境はすでに大きく様変わりしている。

国家安全法では、中国本土の政府当局の香港での活動が初めて合法化された。北京の中国政府が香港内の法律を無効化できるようになり、定義が曖昧な新しい犯罪の数々を編み出した。例えば、中国政府に対する「憎悪」を扇動することは違法となる。香港警察はインターネットのコンテンツを検閲し、市民をオンラインで追跡可能になる。警察は今や、令状無しでの捜査やWebプラットフォームに対する投稿の削除またはブロックの命令、電子記録の収集、裁判所による監督無しでの容疑者の監視などができる。警察からのこうした指示に従わない企業には最高10万香港ドル(1万2903ドル)の罰金が科され、従業員は最長6か月間の懲役に処せられる可能性がある。

国家安全法の施行により、香港は事実上、中国のグレート・ファイアウォールに組み込まれることになる。グレート・ファイアウォールは中国政府によって厳格に管理・検閲されたインターネットであり、中国以外の国のインターネット・ツールやモバイル・アプリのほとんどをブロックする。外国企業はグレート・ファイアウォールに対応している場合にのみ事業活動が認められる。

7月6日に、フェイスブック、ツイッター、グーグル、マイクロソフト、ズーム(Zoom)、ワッツアップ(WhatsApp)の各社は、香港で収集したデータの提供を求める中国政府の要求に応じないことを表明した。アップルは状況を「精査している」段階としている。7月7日には、ティックトック(TikTok)が香港から完全に撤退すると発表した。香港で現地の法律に従おうとしないテクノロジー企業は、最終的にはブロックされるだろう。

フェイスブックやグーグルなどの企業が香港での事業活動を継続したい場合、中国共産党が定めたルールの範囲内で事業活動をしなければならない。しかし、そうしたルールに従うと、従業員や米国議員から反発を受ける可能性が高い。だが、従わなければ、世界最大のインターネット市場で足掛かりを得る機会を逃すことになる。結局のところ、中国には米国の巨大テック企業の代わりとなる国内企業が多数存在する。つまり、米国テック企業などが香港から撤退しても、中国政府が失うものはほとんど無いのだ

人気の記事ランキング
  1. Forget dating apps: Here’s how the net’s newest matchmakers help you find love 出会い系アプリはもううんざり、「運命の人」探す新ネット文化
  2. NIHONBASHI SPACE WEEK 2021  アジア最大級の宇宙ビジネスイベントが東京・日本橋で開催
  3. Laptops alone can’t bridge the digital divide そしてそれはゴミになった 「一人1台のパソコン」の 失敗から得られた教訓
  4. How tackling tech’s diversity challenges can spur innovation デューク大のコンピューター科学者はなぜ「DEI」を学ばせるのか?
シャーロット・ジー [Charlotte Jee]米国版 ニュース担当記者
米国版ニュースレター「ザ・ダウンロード(The Download)」を担当。政治、行政、テクノロジー分野での記者経験、テックワールド(Techworld)の編集者を経て、MITテクノロジーレビューへ。 記者活動以外に、テック系イベントにおける多様性を支援するベンチャー企業「ジェネオ(Jeneo)」の経営、定期的な講演やBBCへの出演などの活動も行なっている。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Forget dating apps: Here’s how the net’s newest matchmakers help you find love 出会い系アプリはもううんざり、「運命の人」探す新ネット文化
  2. NIHONBASHI SPACE WEEK 2021  アジア最大級の宇宙ビジネスイベントが東京・日本橋で開催
  3. Laptops alone can’t bridge the digital divide そしてそれはゴミになった 「一人1台のパソコン」の 失敗から得られた教訓
  4. How tackling tech’s diversity challenges can spur innovation デューク大のコンピューター科学者はなぜ「DEI」を学ばせるのか?
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る