KADOKAWA Technology Review
×
締切 迫る!【1/31まで】ひと月あたり1000円。
お得に購読できるキャンペーン実施中!
新型コロナ・ワクチン開発競争にハッカーが参戦、ロシア関与か
Photo by Jean Colet on Unsplash
Russian hackers have been accused of targeting Covid-19 vaccine researchers

新型コロナ・ワクチン開発競争にハッカーが参戦、ロシア関与か

ロシアの諜報部門が関係するとみられるハッカーが、新型コロナウイルス感染症のワクチン開発者を標的にしていることが分かった。 by Patrick Howell O'Neill2020.07.22

英国や米国、カナダの情報当局の報告によると、これら3カ国で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンを開発している研究者が、ロシアのハッカーの標的となっていたことが分かった。

犯行が疑われているのは、「コージー・ベア(Cozy Bear)」もしくは「APT29」と呼ばれるロシア諜報部門のハッキング集団。「コージー」の名は、過去に注目された多くのサイバー諜報活動で聞き覚えがあるかもしれない。中でも有名なのが、2016年の米民主党全国委員会へのハッキング事件だ。

7月16日には英国の国家サイバーセキュリティ・センターが、「2020年を通じて、APT29はカナダや米国、英国で新型コロナウイルス感染症のワクチン開発に従事する、さまざまな組織を標的としている。ワクチンの開発・テストに関わる情報や知的財産を盗む意図があると強く疑われる」と発表した。

不確かな時代には、いつもスパイ活動が増える。今回のパンデミック(世界的流行)が世界にもたらしたことは、不確定要素がそこかしこに登場したことだろう。2020年初頭にはベトナムのハッカーが中国政府の省庁を狙い、当時すでに起きつつあった危機に関するデータを収集していたとされる。5月には、それぞれイラン政府と中国政府の支援を受けた複数のハッカーが、ワクチンの研究内容を盗み出そうとして告発された。ワクチンの世界的な開発競争も、2020年の構造的な地政学から自由ではないことの証左だと言える。

各国が医療従事者や軍関係者などを守るためのワクチンを確保しようと競い合う中、ワクチン開発競争には大きな政治的利害が関係している。米国の「ワープ・スピード(Warp Speed)」計画では、自国分のワクチンを確保するために何十億ドルもの資金が投入されている。各国は、自国民の接種分を確保するためにあらゆる交渉手段を使うことが想定される。ロシアの場合、スパイ活動の成果もそこに含まれるということだろう。

もっとも、ほとんどの場合、ワクチン自体は秘密情報ではない。科学的な報告書で説明され、成分も既知の情報だ。だが、製造の詳細データや供給契約といった情報には盗むだけの価値があるかもしれない。科学者にも、ワクチンを狙うハッカーにも、最大の疑問である「ワクチンの効果はあるのか?」の答えがまだ分からないまま、ボランティアを使った大規模な研究が現在進行している。

(関連記事:新型コロナウイルス感染症に関する記事一覧

人気の記事ランキング
  1. Going bald? Lab-grown hair cells could be on the way 幹細胞技術で「髪」復活、究極の薄毛治療は実現するか?
  2. The worst technology of 2021 MITTRが選ぶ、2021年の「最低なテクノロジー」5選
  3. These are the most detailed photos yet of the far side of the moon 中国、過去最高解像度の「月の裏側」写真を公開
  4. Competitive e-cycling lets you be a champion from your apartment 盛り上がるeサイクリング、「お隣さん」が世界王者になる?
パトリック・ハウエル・オニール [Patrick Howell O'Neill]米国版 サイバーセキュリティ担当記者
国家安全保障から個人のプライバシーまでをカバーする、サイバーセキュリティ・ジャーナリスト。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Going bald? Lab-grown hair cells could be on the way 幹細胞技術で「髪」復活、究極の薄毛治療は実現するか?
  2. The worst technology of 2021 MITTRが選ぶ、2021年の「最低なテクノロジー」5選
  3. These are the most detailed photos yet of the far side of the moon 中国、過去最高解像度の「月の裏側」写真を公開
  4. Competitive e-cycling lets you be a champion from your apartment 盛り上がるeサイクリング、「お隣さん」が世界王者になる?
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る