KADOKAWA Technology Review
×
特別寄稿:テック企業の声明文に見る、人種差別の真の原因
Getty
ビジネス・インパクト 無料会員限定
What's missing from corporate statements on racial injustice? The real cause of racism.

特別寄稿:テック企業の声明文に見る、人種差別の真の原因

ブラック・ライブズ・マターの抗議活動を受けて、多くのテック企業が黒人に対する連帯を示す声明を発表した。しかし、こうした企業の声明文を分析すると、人種差別問題を人種問題に転嫁することで、人種間の不平等の責任を黒人に繰り返し負わせようとしていることがわかる。 by Amber M. Hamilton2020.09.15

エアビーアンドビー(Airbnb)は8月31日、「プロジェクト・ライトハウス(Project Lighthouse)」を立ち上げた。これは同社が提供するホームシェアのプラットフォーム上で「差別の発見、測定、そして克服」を目指す取り組みだ。同社によると、同プロジェクトは、宿泊客がどの人種に見えるかということが、その客に対する料金、予約・キャンセルの品質、レビューに相関関係があるかどうかを測定することで、差別の有無を特定するという。このプロジェクトは、ミネアポリスの警察官らによる5月25日のジョージ・フロイド殺害事件の後に広がった抗議活動を受けて、テック業界から連帯を示す声明と規約変更が相次いでいる真っ只中に発表された。

人種間の平等に対するテック企業からの賛同は、善意に基づくものかもしれない。だが一方で、ある問題点を浮き彫りにしており、これまでのテック業界の取り組みで本当に偏見を撲滅できるのか? という疑問を投げかける。その問題点とはすなわち、差別の原因は人種差別主義ではなく、人種という概念そのものに存在するとしがちであるということだ。

不平等に対するこの考え方は「レースクラフト」の象徴だ。レースクラフトは、社会学者のカレン・E・フィールズと歴史学者のバーバラ・J・フィールズが作り出した用語で、米国での人種と人種差別に関する「精神的な土壌と、蔓延する思い込み」を表す。この概念には多くの要素があると両氏は説明するが、基本的な主張は、人種という概念そのものが、生物学的事実ではなく人種差別主義者の慣行から生まれるというものだ。「レースクラフトは、人種差別問題を人種問題に転嫁することで白人を舞台から遠ざけ、黒人だけを視野に入れさせるという巧みなトリックです」と2人は記している。

その好例が、エアビーアンドビーによるプロジェクト・ライトハウスの紹介文だ。同社は「予約手続き中に肌の色が原因でエアビーアンドビーのホストに拒否されたという旅行者の話を深く憂慮していました」と記している。しかし、ゲストが拒否された原因は本当にゲストの肌の色だったのだろうか? それとも、予約しようとしていた宿泊先のホストが人種差別主義者だったからなのか?

同じような巧妙な言い回しが、インスタグラムのアダム・モセリCEO(最高経営責任者)の声明にも見られる。同CEOは、黒人の声を聞き入れられるようにするインスタグラムの取り組みは「人種のみを根拠として受ける格差だけに留まらない」と述べている。

エアビーアンドビ …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る