KADOKAWA Technology Review
×
【10月31日まで】日本初開催 「Innovators Under 35」候補者募集中
トランプ政権、環境政策の撤回で温室効果ガス20億トン上積みか
Dennis Van Tine/STAR MAX/IPx
Trump's rollbacks could add half an EU's worth of climate pollution by 2035

トランプ政権、環境政策の撤回で温室効果ガス20億トン上積みか

調査会社ロジウム・グループの新たな分析によると、トランプ政権が自動車排出ガスやメタンなどに関する規定を弱体化あるいは白紙撤回したことで、2035年までに温室効果ガスの排出量が20億トン近く上積みされる可能性がある。 by James Temple2020.09.23

米国のドナルド・トランプ大統領は、気候変動への対応で自国を後退させることに成功してきた。ますます壊滅的な被害をもたらす火災や熱波、干ばつとの闘いが世界的に繰り広げられているにもかかわらずである。

調査会社ロジウム・グループ(Rhodium Group)の新たな分析によると、同大統領が主な環境政策を後退させたことで、これらの政策が法的な課題をクリアして将来の政権でも問題視されなかった場合、2035年までに大気中に18億トン相当の二酸化炭素が放出されるという。これはロシアの年間の化石燃料排出をやや上回る量だ。もしくは、近年の欧州連合(EU)の年間排出量の半分以上に相当する。

これらの温暖化ガス排出増の原因は、大部分がバラク・オバマ大統領時代にいくつかの主要分野で実施された規制の白紙撤回にある。

  • 連邦政府の自動車排出基準を後退させ、より厳格な規定を設けるカリフォルニア州の権限を剥奪することで、今後15年間で10億トン以上の二酸化炭素が増える可能性。
  • 温室効果の高いメタンの漏出防止を石油・ガス会社に義務付ける環境保護庁(EPA)の規定の弱体化は、同期間において6億トン近くの二酸化炭素増に相当。
  • ハイドロフルオロカーボン(HFC、冷蔵庫やエアコンに使用されている特に強力な温暖化ガス)に関する規定の緩和により、1億6500トン増。
  • 最後に、埋め立て地のメタン汚染を削減するためのEPA規定の適用が遅れることで4600万トンの排出増。

これらは大きな変更点の一部に過ぎない。トランプ政権の行動から生じる気候汚染の実際の追加分がさらに大きくなることは、ほぼ確実だ。

結局のところ、この4年間にわたってトランプ大統領と同大統領に任命された人物が、環境に関する他の規定や実施形態、国際的な合意事項を多数覆したり、無力化したりしてきた。その中でもよく知られているのが、画期的なパリ協定からの米国の脱退や、石炭・天然ガスプラントからの排出を制限するオバマ政権の「クリーンパワープラン」の見直しだ。

人気の記事ランキング
  1. OSIRIS-REx collected too much asteroid material and now some is floating away NASA探査機、小惑星のサンプル採取に成功も多過ぎて蓋が閉まらず
  2. The deadline for IU35 Japan entries is approaching Innovators Under 35 Japan、候補者の応募・推薦締切迫る
  3. There might be even more underground reservoirs of liquid water on Mars 火星の南極に新たな地下湖、生命体が見つかる可能性も
  4. Satellite mega-constellations risk ruining astronomy forever 増え続ける人工衛星群で天体観測が台無し、解決策はあるか?
  5. Room-temperature superconductivity has been achieved for the first time 世界初、15°C「室温超伝導」達成 夢の新技術へ突破口
ジェームス・テンプル [James Temple]米国版 エネルギー担当上級編集者
MITテクノロジーレビュー[米国版]のエネルギー担当上級編集者です。特に再生可能エネルギーと気候変動に対処するテクノロジーの取材に取り組んでいます。前職ではバージ(The Verge)の上級ディレクターを務めており、それ以前はリコード(Recode)の編集長代理、サンフランシスコ・クロニクル紙のコラムニストでした。エネルギーや気候変動の記事を書いていないときは、よく犬の散歩かカリフォルニアの景色をビデオ撮影しています。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. OSIRIS-REx collected too much asteroid material and now some is floating away NASA探査機、小惑星のサンプル採取に成功も多過ぎて蓋が閉まらず
  2. The deadline for IU35 Japan entries is approaching Innovators Under 35 Japan、候補者の応募・推薦締切迫る
  3. There might be even more underground reservoirs of liquid water on Mars 火星の南極に新たな地下湖、生命体が見つかる可能性も
  4. Satellite mega-constellations risk ruining astronomy forever 増え続ける人工衛星群で天体観測が台無し、解決策はあるか?
  5. Room-temperature superconductivity has been achieved for the first time 世界初、15°C「室温超伝導」達成 夢の新技術へ突破口
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る