KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
The Internet Is Sick

インターネットの黄金時代をどう次世代に残せばいいのか?

Firefoxブラウザーの開発を支援する非営利団体「モジラ財団」は、インターネットが自由でオープンでなくなることを懸念し、状況を見守るための指標を提供する計画だ。 by Tom Simonite2017.01.20

ティム・バーナーズ=リーが1991年に最初のWebページを公開して以来、30億人以上がネットに接続した。ビジネスや友人との付き合い方が変わり、多くの成功者が生まれた。しかし、非営利団体であるモジラ財団(フリーなWebブラウザー「Firefox」の開発元)は、インターネットの全てが順調ではないという。

モジラ財団は、地球規模のネットワークに関する最新のレポート「健康診断書」で、グーグルなどの企業による独占、2016年に各国政府が56回もインターネット接続を遮断したことを例に、インターネットを普及させた開放性と中立性が失われている、と主張した。

モジラ財団のマーク・サーマン常任理事は「起業家精神や民主的活動を育んだ『インターネット』なるものが、まったく逆の何かになる恐れがあるのです」という。

モジラ財団の診断書は、実際に、いまや人類の半数近くがインターネットに接続しているといった、インターネットのよい面についても述べている。サーマン常任理事は、インターネットが、他の危機に瀕した共有資産と同じように社会全体が考えるようにさせたいのだ。「環境と同様、インターネットも私たち全員が生きる場であり、私たちを取り巻いており、私たちの拠り所 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント