KADOKAWA Technology Review
×
【8/15締切】来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付中!
テキサス州が郵便投票の回収所を削減、知事の主張は「誤り」
Photo: kgroovy (CC BY SA 2.0)
ビジネス・インパクト 無料会員限定
Texas' war on drop-off votes gets almost everything wrong

テキサス州が郵便投票の回収所を削減、知事の主張は「誤り」

「郵便投票は不正の温床」と訴えるトランプ大統領にテキサス州知事が加勢。だが、その主張は大きな誤りだ。 by Patrick Howell O'Neill2020.10.15

テキサス州のグレッグ・アボット州知事が、米国の郵便投票制度に反対する共和党員の1人として名乗りを上げた。アボット知事は声明で「違法投票」の脅威を理由に、郵便投票の投票用紙を回収する場所を大幅に削減する正当性を主張している。

アボット知事は郵便投票の投票用紙を回収する場所を各郡1カ所に限定するとしており、新型コロナウイルスのパンデミックの中、広範囲に居住する数百万人の有権者が同じ回収場所を利用せざるを得ない状況だ。

アボット知事は、郵便投票の回収場所を減らすことで、セキュリティを強化できると述べている。だが、テキサス州に本拠を置く非営利団体OSET研究所(OSET Institute)の選挙管理専門家であるエディ・ペレスによると、郵便投票に関してはすでに不正を防止するための厳格なルールが存在するという。

「アボット知事の主張には筋が通っていません」。ペレスはそう話す。「有権者が投票用紙を提出する際の手続きには、信頼性を担保するためにさまざまなセキュリティ要件が定められています」。

実際、テキサス州ではさまざまな手順を経なければ投票用紙を提出できない。

「例えば、身分証明書の提示が必要ですし、投票できるのは有権者本人だけです。署名も求められます。これらはすべて、投票用紙の提出の際に正式に指定された投票所で、選挙管理人が立ち会う中で行なわれます。そのどれも、例外はありません」

アボット知事が声明を出す前日には、テキサス州トラヴィス郡(州都オースティンがあり、人口は120万人)の書記官が、ルールの徹底と信頼性確保のために準備する選挙管理人たちの写真を公開している。

https://twitter.com/TravisCoClerk/status/1311 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る