KADOKAWA Technology Review
×
大統領選で急増する郵便投票、パンデミック終息後も定着か
AP Photo/Susan Walsh
ビジネス・インパクト 無料会員限定
The 2020 election could permanently change how America votes

大統領選で急増する郵便投票、パンデミック終息後も定着か

今年の米国大統領選挙は、新型コロナウイルスの影響で郵便による期日前投票が増えそうだ。しかし、パンデミック終息後も、便利な郵便投票を希望する有権者は増えていくだろうと米国の選挙支援委員会トップは語る。 by Patrick Howell O'Neill2020.10.21

2020年の米国大統領選挙の投票日まで、まだ2週間以上あるが、2900万を超える有権者がすでに投票を済ませている。 前回の大統領選挙が実施された2016年の同じ時期には、期日前投票を済ませた人の数は600万人ほどだった。この動向の主な要因となっているのは現在進行中(悪化中)の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)危機だ。しかし米国の選挙管理当局トップは、期日前郵便投票への推移は、パンデミックが終息した後も続く永続的なものとなるだろうと述べた。

「より多くの国民が期日前投票や郵便投票などの便利な投票手段に触れるにつれ、そうした手段を気に入って、以降も同じ方法での投票を希望する人が増えていくという傾向は、ずっと以前から見られています」。米国全土で投票ガイドラインの運用支援や諮問を実施する米国選挙支援委員会のベンジャミン・ホブランド委員長はそう語る。

過去から学ぶ

この過程に関して、歴史から学べることは多い。米国初の郵便投票は南北戦争時代に遡り、現在では5つの州がほぼ全面的な郵便投票による選挙を実施している。

米国における郵便投票の先駆けとなったのは、オレゴン州だ。郵便投票というアイデアが1981年に初めて登場した時には、懐疑的な意見や反対意見が目立った。しかし80年代の終わり頃には郵便投票の受け入れが急速 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る