KADOKAWA Technology Review
×
4年後も見据えた体制を構築
バイデンのデータ戦略支える
米民主党CTOインタビュー
Ms Tech | Courtesy Photo
ビジネス・インパクト Insider Online限定
Data should enfranchise people, says the Democrat's head of technology

4年後も見据えた体制を構築
バイデンのデータ戦略支える
米民主党CTOインタビュー

間近に迫った米大統領選ではデータの活用が大きなカギのひとつとなりそうだ。民主党全国委員会の最高技術責任者(CTO)を務めるネルウィン・トーマスに、同党のテクノロジー戦略と今後の計画などについて聞いた。 by Tate Ryan-Mosley2020.10.29

ネルウィン・トーマスは2016年の大統領選挙で、ヒラリー・クリントン陣営の副分析チーフとして選挙テクノロジー分野でのキャリアをスタートさせた。政治以外では、エッツィ(Etsy)とフェイスブックという巨大テック企業でビジネスインテリジェンスとデータサイエンス関連の職に就いていた。そして2019年5月、民主党全国委員会(DNC:Democratic National Committee)の最高技術責任者(CTO)に就任した。

政治の世界に初めてビッグデータを持ち込んだのは民主党だったが、崩壊しかかったテックスタックが2016年のクリントンの敗北の一因になったとして痛烈な批判を浴びた。今回のトーマスの活動も大統領選の結果が出る今後数週間で、徹底的に精査されることになるだろう。

民主党のテックスタックを共和党と同等の状態に戻そうという試みは成功しているようだ。10月21日に連邦選挙委員会が公開した報告書により、バイデン陣営がトランプ陣営に対して大きな金銭的アドバンテージをもっていることが明らかになった。その要因のひとつは、テクノロジーの改善にあると言えるかもしれない。そうした進歩と「民主党データ交換所(Democratic Data Exchange)」と呼ばれる、有権者情報を共有する新たなシステムにより、民主党は既に投票を済ませた有権者を追跡し、彼らに対する呼びかけを止めることができている。これによりバイデン陣営は、山場の時期にコストを大きく削減できている。

トーマスCTOにインタビューし、戦略やチーム、今後の計画、選挙翌日の11月4日に何をする予定かなど、話を聞いた。

(内容を明確にするため、会話の内容に編集を加えている)

◆◆◆

——民主党全国委員会のCTOという立場についてどう感じていますか?

日々、素晴らしい仕事だと感じています。すべての民主党員のミッションや価値のために働けることは最高です。自分の仕事が1人の候補者だけのためにあるのではなく、小さな町の町長選など、全国の候補者たちに幅広く役立っていると実感できています。

——現在、日々の活動としてどんなことをしていますか?

今はセキュリティと負荷試験にかかりきりの状態です。特に注力している3つのメインシステムがあります。ひとつは、全国の事前投票および不在者投票に関するあらゆるデータを処理するシステムです。その情報を選挙戦の戦略に組み込めるようにすると同時に、すでに投票を済ませた有権者の正確な情報を陣営が把握することで、その人たちを呼びかけの対象から外すことができます。

2つめは、民主党のエコシステムにおいてメインの有権者教育および有権者アクションセンターとなっている「アイ・ウィル・ボウト・ドットコム(iwillvote.com)」です。私たちはこのサイトの構築・保守をしています。討論会の後、ツイッターで「フライ・ウィル・ボウト・ドットコム(flywillvote.com)」がトレンドになり、数百万人の訪問者に対応することになりました。先週末のことだったと思います。

選挙関連で特に多用されているもうひとつのシステムは、「LBJ」と呼ばれる有権者保護ソフトウェアです。これは、有権者に対して抑圧が実施された場合に追跡し、対応するためのものです。

——あなたのチームには何人のメンバーがいますか? 組織構造はどうなっているのでしょう?

現在私のチームには4つのメイングループがあり、約65人が所属しています。プロダクト開発チームでは、プロダクトマネージャー、エンジニア、デー …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る