KADOKAWA Technology Review
×
「あつ森」「ツイッチ」も活用の米民主党、若者取り込みに躍起
Innersloth via Twitch
コネクティビティ 無料会員限定
AOC’s Among Us livestream hints at Twitch’s political power

「あつ森」「ツイッチ」も活用の米民主党、若者取り込みに躍起

若い有権者の投票を促すためにツイッチで人気ゲームをプレイした民主党のオカシオ=コルテス下院議員は、一気に人気配信者となった。傍観する共和党とは対照的に、民主党は若年層との接触機会を拡大している。 by Tanya Basu2020.10.30

10月20日午後9時直前、民主党の「AOC」ことアレクサンドリア・オカシオ=コルテス下院議員がツイッチ(Twitch)に登場し、米国で今最も人気のビデオゲーム「アマング・アス(Among Us)」をプレイした。「ハイ、みんな! すごくワクワクしてるわ!」という挨拶から始めたオカシオ=コルテス下院議員は、民主党全国委員会が予算を投じている支援プログラム「私は投票する(I Will Vote)」を利用して、どのように大統領選挙の投票をするか計画を立てよう、と視聴者に呼びかけた。

いくつかの技術的問題が発生したものの、オカシオ=コルテス下院議員はツイッチの人気ストリーマーたち、そして同じく民主党のイルハン・オマル下院議員と共に3時間半にわたってアマング・アスをプレイした。

オカシオ=コルテス下院議員のストリーミング視聴者数は最高43万人に達し、ツイッチ史上3番目の人気ストリーマーになった。初めてのストリーミングとしては、驚異的な数字だ。

さらに重要なのは、今回の取り組みで今後の政治運動のあり方が垣間見えたことだ。候補者の優劣がはっきりしない、2020年の大統領選挙運動も終盤を迎えた。民主党は高い人気があるビデオゲーム配信プラットフォームの利用に目を向けた活動によって、若年層の有権者を1人残らず投票へと動員するために一層力を入れている(ツイッチの広報担当者によると、政治家によるツイッチ上での募金活動、広告の掲載、チャンネルの収益化は禁止されている)。

アマング・アスは、9月時点でiOSとアンドロイド端末で約8400万回ダウンロードされている超人気ゲームだ。9月にはゲーム配信プラットフォームのスチーム(Steam)やアップル、アンドロイドでもっともダウンロードされたゲームとなり、この数週間だけで20万人近くの新規プレイヤーを獲得した。

ゲーム自体は非常にシンプルだ。プレイヤーたちは、小さな人間らしき生き物ブロブ(blob)として宇宙船に閉じ込められる(プレイヤーごとに色が異なる)。プレイヤーのうちの1人が「インポスター(詐欺師)」と呼ばれる殺人鬼に選ばれる(それは、あなたかもしれない)。他のプレイヤーたちは「クルーメイト(乗組員仲間)」として、「殺される」前に誰がインポスターかを見極めなければならない。そのためには宇宙船内を駆け回って、簡単なパズルを解き、不審な行動に目を光らせ続ける必要がある。

アマング・アスの単純さは『あつまれ どうぶつの森(通称、あつ森)』を彷彿とさせる。あつ森は新型コロナウイルスのパンデミックが始まって間もない頃に発売され、アマング・アスと同様に熱狂的なファン層を生み出した。爆発的な人気により、全世界的にニンテンドースイッチが品薄状態となったほどだ。あつ森は可愛らしい動物たちと共に無人島を開拓し、家を建て、やがては島全体を自分だけの空間に仕立て上げていく。オカシオ=コルテス下院議員もファンであり、ツイッターのダイレクトメッセージを利用して自身の仮想の島を訪れるためのコードを配布し、幸運な数少ない人がその権利を獲得した。

ビデオゲームを活用しているのはオカシオ=コルテス下院議員だけではない …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る