KADOKAWA Technology Review
×
大統領選当日に起こること、
分かること、分からないこと
-
コネクティビティ 無料会員限定
What to expect on Election Day

大統領選当日に起こること、
分かること、分からないこと

11月3日の大統領選当日に何が起こるのか? 何が分かって、何が分からないのか? 専門家たちの見立ては。 by Patrick Howell O'Neill2020.11.03

米国の大統領選挙当日まであと数日となった。これまでに6000万以上の米国民が、期日前投票を済ませている。これは2016年の期日前投票総数4720万を大きく上回る数であり、期日前投票はこれからも増え続けると予測される。

「良いニュースです!」。フロリダ大学のマイケル・マクドナルド教授は述べた。マクドナルド教授は期日前投票を全国的に追跡する「米国選挙プロジェクト(US Election Project)」を率いている。「パンデミック下において、選挙管理人に選挙を実施できる能力があるのかどうかについては、多くの懸念がありました。人々が投票しているだけではなく、より長期間にわたって投票するようになったことで、選挙管理人の仕事量が分散しています」。

米国の選挙に対し、多くの懸念や不確実性、疑念が広まる中(その多くは根拠のないものだが)、連邦政府独立機関の米国選挙支援委員会(Electoral Assistance Commission)のベンジャミン・ホブランド委員長が語ったように「率直に言って、うまくいっている」という事実に目を向けることが重要だ。

だが、選挙当日はどうなるのだろうか? 11月3日以降の数時間、数日、数週間に向け、我々はどのような心構えをする必要があるのだろうか?

「混乱が予想されます」と話すのは、ワシントン大学のケイト・スターバード准教授(危機情報学)だ。スターバード准教授は、「選挙完全性パートナーシップ(EIP:Election Integrity Partnership)」の主任研究員でもある。

「選挙当日は、普段よりずっと早起きをして、コーヒーをたっぷり飲んで1日を始めようと思っています」とオープンソース選挙テクノロジー研究所(Open Source Election Technology Institute)の選挙専門家、エディ・ペレスは言う。「少なくとも24時間は眠れないと覚悟しています。あるいは、もっと長い時間眠れないかもしれません」。

何が起こるのか?

11月3日は、投票所前の長蛇の列で始まるかもしれない。そして、異常なほどの疑念を残して終わるかもしれない。

10月26日、スターバード准教授は、選挙当日の夜とそれ以降に起こり得ると専門家が予測している「疑念と誤報」について報告書を公開した。

米国では選挙のたびに、長い行列や分かりにくい投票用紙、投票機の故障といった問題が発生している。専門家は、今回も発生するこうした問題を撮影した写真や映像が、ソーシャルメディアに大量に投稿されると考えている。だが今回は …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る