KADOKAWA Technology Review
×
【1/31まで】ひと月あたり1000円。
お得に購読できるキャンペーン実施中!
微生物を使って岩石からレアアースを抽出、ISSの実験で成功
ASU/Peter Rubin
Microbes could be used to extract metals and minerals from space rocks

微生物を使って岩石からレアアースを抽出、ISSの実験で成功

国際宇宙ステーションでの実験により、ある種のバクテリアは、微小重力環境でも岩石からレアアースを抽出できることが分かった。将来、宇宙での採鉱において有用資源を抽出するための効率の良い方法となる可能性がある。 by Neel V. Patel2020.11.13

バクテリアを用いた岩石からのレアアース(希土類元素)抽出が微小重力環境でも成功することが国際宇宙ステーション(ISS)での研究で明らかになった。「ネイチャー・ コミュニケーションズ(Nature Communications)」誌に11月10日付けで掲載された新たな論文では、地球以外の場所で将来、微生物を用いて貴金属や鉱物を採鉱できる可能性のある新たな方法が提示されている。

ある種の単細胞生物は、地球上で長年かけて進化することで、特殊な化学反応によって栄養や必須化合物を岩石から取り込めるようになった。世界中で人間が利用する銅と金の約20パーセントの採鉱に、このようなバクテリアの性質を生かしたプロセスが用いられている。研究者らは、これらのプロセスが微小重力環境でもうまく働くかどうかを知りたいと考えた。

「バイオロック(BioRock)」は宇宙ステーションで実施する36の一連の実験である。研究者らの国際チームはバイオロック(BioRock)のために「バイオマイニング・リアクター(biomining reactors)」と呼ぶ装置を作成した。バイオマイニング・リアクターは、バクテリア水溶液に浸した玄武岩(地球の表面や地表近くでよく見られる火成岩で、月と火星にも多く存在する)の小片を入れたマッチ箱サイズの小さい容器である。

バイオロックでは、微小重力のほか、火星の重力と地球の重力を模した重力シミュレーター内にそれぞれバイオマイニング・リアクターを置き、約3週間にわたってバクテリアが活動している間のレアアース放出量を計測した。その結果、実験で使った3種のバクテリアのうち1種(スフィンゴモナス・デシカビリス、Sphingomonas desiccabilis)は、低重力下でも地球上と同等の効率でネオジム、セリウム、ランタンなどを抽出できることが分かった。

宇宙で資源を採取するとしても、微生物が通常の採鉱技術に取って代わることはないだろうが、採鉱速度を上げることは間違いないだろう。バイオロックの研究チームによると、微生物は、酸素のような有用な元素から金属粉と有用鉱物を引き離すことにより、地球外の天体上で採鉱速度を400パーセント程度も加速させる可能性があるという。微小重力に耐えられそうだという事実は、宇宙での生活を持続させる上で微生物が資源採取の安価な手段になり、長旅と遠く離れた世界への移住を可能にするかもしれないことを示している。

人気の記事ランキング
  1. Going bald? Lab-grown hair cells could be on the way 幹細胞技術で「髪」復活、究極の薄毛治療は実現するか?
  2. The worst technology of 2021 MITTRが選ぶ、2021年の「最低なテクノロジー」5選
  3. These are the most detailed photos yet of the far side of the moon 中国、過去最高解像度の「月の裏側」写真を公開
  4. The metaverse has a groping problem already メタのバーチャル空間でさっそく痴漢行為が発生、安全策は?
ニール・V・パテル [Neel V. Patel]米国版 宇宙担当記者
MITテクノロジーレビューの宇宙担当記者。地球外で起こっているすべてのことを扱うニュースレター「ジ・エアロック(The Airlock)」の執筆も担当している。MITテクノロジーレビュー入社前は、フリーランスの科学技術ジャーナリストとして、ポピュラー・サイエンス(Popular Science)、デイリー・ビースト(The Daily Beast)、スレート(Slate)、ワイアード(Wired)、ヴァージ(the Verge)などに寄稿。独立前は、インバース(Inverse)の准編集者として、宇宙報道の強化をリードした。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Going bald? Lab-grown hair cells could be on the way 幹細胞技術で「髪」復活、究極の薄毛治療は実現するか?
  2. The worst technology of 2021 MITTRが選ぶ、2021年の「最低なテクノロジー」5選
  3. These are the most detailed photos yet of the far side of the moon 中国、過去最高解像度の「月の裏側」写真を公開
  4. The metaverse has a groping problem already メタのバーチャル空間でさっそく痴漢行為が発生、安全策は?
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る