KADOKAWA Technology Review
×
売上7.9兆円のアリババ「独身の日」を新型コロナはどう変えたか?
VCG / Stringer via Getty
知性を宿す機械 無料会員限定
How the pandemic readied Alibaba’s AI for the world’s biggest shopping day

売上7.9兆円のアリババ「独身の日」を新型コロナはどう変えたか?

新型コロナウイルス感染症のパンデミックはネットショッピングの行動にも大きな変化をもたらした。中国の電子商取引大手企業は、これまでのAIモデルでは予測不可能となった消費者の不規則な行動に対応するため、AIモデルの再構築を試みている。 by Karen Hao2020.12.03

米国が選挙に夢中になっている間、中国は買い物に夢中になっていた。11月1日から11日まで、中国トップの電子商取引巨大企業、アリババ(阿里巴巴)とJD(京东)の両社は、年の一度の稼ぎ時である「独身の日」(11月11日)に1150億ドルを売り上げた。2009年にアリババが始めたこの「お祭り」の1150億ドルのうち、741億ドルが同社の売上だ。昨年と比較して売上は26%増えた。比較のためにアマゾンの48時間のプライムデー(10月13、14日)の売上を紹介すると、今年、アマゾンは100億ドルの大台を超えたに過ぎない。

この巨大なお祭りの規模からすれば、物流計画だけでも奇跡のようなものだ。アリババとJDは、買い物需要を予測したり、商品のグローバル調達を最適化したり、世界中の配送を効率化したりするため、人工知能(AI)などのテクノロジー・インフラに巨額を投じている。これらのシステムは通常、独身の日のピークに合わせて拡張される前に、1年を通じてテストと改良が行なわれている。だが今年、両社は課題に直面した。パンデミック(世界的な流行)による購買行動の変化を計算に入れなければならなかったのだ。

新型コロナウイルスが発生した当初数週間、両社はAIモデルの奇妙な振る舞いに気づいた。パンデミックが襲ったのは中国の春節(旧正月)に当たる時期で、本来なら数億人もの人々が新年の買い物をしてい …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る