KADOKAWA Technology Review
×
【1/31まで】ひと月あたり1000円。
お得に購読できるキャンペーン実施中!
世界で2番目に大きい電波望遠鏡、修復不能で57年の歴史に幕
UCF
The second-largest radio telescope in the world is shutting down

世界で2番目に大きい電波望遠鏡、修復不能で57年の歴史に幕

プエルトリコにあるアレシボ天文台は、直径約305メートルの電波望遠鏡を支えるケーブルが破断したため、57年間におよぶ観測の歴史に幕を下ろすこととなった。 by Neel V. Patel2020.11.26

全米科学財団(NSF)は、プエルトリコにある直径約305メートル、重さ900トンの電波望遠鏡である、有名なアレシボ(Arecibo)天文台を閉鎖すると発表した。アレシボ天文台を57年間使用し、膨大な量の宇宙と大気の研究をしてきた天文学コミュニティにとって、大きな打撃となる。

アレシボ天文台は、2017年のハリケーン・マリアや2020年1月に数回発生した地震など、さまざまな嵐や他の自然災害による損傷に数十年にわたり耐えてきた。しかし2020年8月に、支えとなるケーブルがソケットから滑り落ち、主鏡に長さ約30メートルの裂け目が生じた。エンジニアたちはこの問題は安定しており修復可能だと判断したが、11月6日に2本目のケーブルが完全に破断した。新たに断線したケーブルは前回断線したケーブルと同じタワーに接続されており、数か月にわたりこの1本に余分な負荷がかかった結果、ついに切れてしまった。

エンジニアが破損状態を評価したところ、望遠鏡の構造体が「壊滅的な破綻の危機」にあり、いつ崩壊してもおかしくないことが明らかになった。この望遠鏡を運営するNSFは、アレシボ天文台を修復するのは、建設作業員とスタッフにとってあまりに危険だと判断した。修復が成功したとしても、長期的な安定性を保証することはできない。

2016年に中国の500メートル球面電波望遠鏡「FAST(Five-hundred-meter Aperture Spherical radio Telescope)」が完成するまで、アレシボ天文台は世界最大の単一鏡の電波望遠鏡だった。アレシボ天文台は数十年にわたり、とりわけ遠くにある惑星、月、地球の近くにある小惑星のレーダー観測など、他の望遠鏡ができない観測方法で大気と天体を観測できる唯一の天文台だった。電波ビームを太陽系の天体に向けて放射し、はね返っててきた電波を受信することで天体の構造や動きを確認できる、地球上にある数少ない天文台の1つでもあった。

アレシボ天文台の最も注目すべき功績として、中性子星が存在する証拠の発見小惑星の史上初の直接画像化初めて特定された太陽系外惑星の主星であるパルサーの発見などが挙げられる。

アレシボ天文台は地球外知的生命体探査(SETI)の普及にも大きく貢献した。1974年、科学者らはアレシボ天文台を使って、地球から2万1000光年離れた球状星団M13に向けて、存在するかもしれない知的生命体とコミュニケーションをとる目的で、1679ビットから成る星間電波メッセージを送信した。このメッセージは「アレシボ・メッセージ」と呼ばれている。

公平な観点から見ると、FASTをはじめとする新しい観測施設の登場により、アレシボ天文台の重要性は近年低下していた。アレシボ天文台の閉鎖は電波天文学に穴を作るが、他の多くの観測機器がその穴を埋められるはずだ。また、NSFが閉鎖を計画しているのは、直径約305メートルの望遠鏡のみであり、宇宙の天気や磁気圏の相互作用の研究に重要なライダー(LIDAR:レーザーによる画像検出・測距)施設など、アレシボ天文台の他の施設はそのまま残される。

人気の記事ランキング
  1. Going bald? Lab-grown hair cells could be on the way 幹細胞技術で「髪」復活、究極の薄毛治療は実現するか?
  2. The worst technology of 2021 MITTRが選ぶ、2021年の「最低なテクノロジー」5選
  3. These are the most detailed photos yet of the far side of the moon 中国、過去最高解像度の「月の裏側」写真を公開
  4. The metaverse has a groping problem already メタのバーチャル空間でさっそく痴漢行為が発生、安全策は?
ニール・V・パテル [Neel V. Patel]米国版 宇宙担当記者
MITテクノロジーレビューの宇宙担当記者。地球外で起こっているすべてのことを扱うニュースレター「ジ・エアロック(The Airlock)」の執筆も担当している。MITテクノロジーレビュー入社前は、フリーランスの科学技術ジャーナリストとして、ポピュラー・サイエンス(Popular Science)、デイリー・ビースト(The Daily Beast)、スレート(Slate)、ワイアード(Wired)、ヴァージ(the Verge)などに寄稿。独立前は、インバース(Inverse)の准編集者として、宇宙報道の強化をリードした。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Going bald? Lab-grown hair cells could be on the way 幹細胞技術で「髪」復活、究極の薄毛治療は実現するか?
  2. The worst technology of 2021 MITTRが選ぶ、2021年の「最低なテクノロジー」5選
  3. These are the most detailed photos yet of the far side of the moon 中国、過去最高解像度の「月の裏側」写真を公開
  4. The metaverse has a groping problem already メタのバーチャル空間でさっそく痴漢行為が発生、安全策は?
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る