KADOKAWA Technology Review
×
欧州医薬品庁にサイバー攻撃、ワクチン文書に不正アクセス
AP
Hackers accessed documents on covid-19 vaccines

欧州医薬品庁にサイバー攻撃、ワクチン文書に不正アクセス

欧州医薬品庁がサイバー攻撃を受け、ファイザーとバイオンテックが開発した新型コロナワクチンに関する文書が不正にアクセスされた。ただし、この件が同ワクチンの欧州での展開に影響を与えることはなさそうだ。 by Patrick Howell O'Neill2020.12.14

ファイザーとバイオンテック(BioNTech)が開発した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンを審査を進めている欧州医薬品庁(European Medicines Agency)が、サイバー攻撃を受けた。

欧州当局によると、ファイザーとバイオンテックの新型コロナウイルス(SARS CoV-2)ワクチンが英国で初めて使用されたわずか数日後、同ワクチンの規制文書が「違法なアクセスを受けた」という。

ファイザーとバイオンテックのワクチン「BNT162b2」は、今のところ西欧諸国で承認された唯一の新型コロナワクチンである。ただし、今回のサイバー攻撃で、欧州でのワクチンの展開が影響を受けることはなさそうだ。

BNT162b2の大部分の成分は公表されている。だが、欧州医薬品庁は、有効成分に関するより正確なデータやワクチンの製造方法の詳細といった非公開情報も保有している。こういったデータは規制当局だけが保有しているわけではないが、欧州医薬品庁はクリアリングハウスであり、国家が支援するハッカーにとって価値がある機密情報を持っているはずだ。

バイオンテックの声明によると、同社やファイザーのシステムはハッキングされておらず、個人データにアクセスされた形跡はないという。現在、司法当局が事件を捜査している。

ワクチンと欧州医薬品庁が標的にされた今回の攻撃は、パンデミックに関する情報を狙って相次いでいるサイバースパイ活動の一環として発生している。報道によると、国家が支援するハッカーは先月、新型コロナワクチンのサプライチェーン、特に輸送時にワクチンを極低温に保つテクノロジーとプロセスに関する情報に不正アクセスを試みた。この1年にわたり、ロシアや北朝鮮と繋がっているハッカーは、新型コロナウイルスのワクチンと治療法を研究する企業を標的にしている。中国とイランのハッカーは、関連情報を盗もうとしたとして米国から非難を受けた

ロシアと中国はすでに自国民にワクチン接種を始めている。米当局は12月7日の週の週末、ファイザーとバイオンテックのワクチンに緊急時使用許可を可否を決めるために会合を開き、製薬会社モデルナ(Moderna)のワクチンについては翌週、再度会合を開いて緊急使用許可の可否を決めることになっている(日本版注:米食品医薬品局(FDA)は12月11日にファイザーとバイオンテックの新型コロナワクチンの緊急使用を許可した)。

サイバーセキュリティの懸念により、すでに破滅的なパンデミックの状況は、いっそう複雑化している。さらに日和見主義的な犯罪者が、圧迫されている 病院にランサムウェア攻撃を仕掛けている。

人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
パトリック・ハウエル・オニール [Patrick Howell O'Neill]米国版 サイバーセキュリティ担当記者
国家安全保障から個人のプライバシーまでをカバーする、サイバーセキュリティ・ジャーナリスト。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る