KADOKAWA Technology Review
×
コロナ禍で激変の米大統領選、投票の「新常態」は定着するか
Nathan Howard/Getty Images
コネクティビティ 無料会員限定
Why more, earlier voting means greater election security—not less

コロナ禍で激変の米大統領選、投票の「新常態」は定着するか

2020年の米大統領選挙は異例づくしに終わった。郵便投票と期日前投票の拡大によって投票期間が大幅に伸び、結果的に史上最高の投票率となった。新しい投票行動は今後も定着するか。 by Patrick Howell O'Neill2020.12.24

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のパンデミックによって、今年の米国の選挙には大きな変化が生じた。郵便投票や期日前投票の大幅な利用拡大はその代表的なもので、米国人がこれまで慣れ親しんでいた大統領選挙当日の様子は一変した。だが、結果的に、米国史上もっとも多くの人が投票することになった。

またそれは、史上もっとも安全に大統領投票が実施されたことも意味する。

全米の選挙当局は過去4年間、選挙システムにこれまで以上の弾力性を持たせるように尽力してきた。何か1つ支障が生じても、民主的プロセスを維持するための別の方策を用意しておくためだ。例えば、選挙人名簿は電子選挙人名簿でバックアップする、投票用紙に追跡可能な証拠を残す、有権者登録データベースはオフラインのバックアップを取る、といった具合だ。

だが、選挙期間が実質的に数週間から1カ月間に拡大したことで、最終的に新しい投票方法に対処できるシステムに行き着いた。

「仮に大統領選挙当日にすべての有権者が投票する場合、問題が生じた際にうまく対応するのは非常に難しくなります」とデイビッド・レビンは話す。レビンはワシントン州、ワシントンDC、バージニア州、アイダホ州で選挙管理人を務めている。「有権者による長い行列ができたり、投票機器に問 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る