KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!
フェイスブックと「密約」、テキサス州など10州がグーグルを提訴
Filip Radwanski / SOPA Images/Sipa USA
シリコンバレー 無料会員限定
What's the deal with Texas suing Google?

フェイスブックと「密約」、テキサス州など10州がグーグルを提訴

テキサス州など10州によるグーグルに対する新しい訴訟には、フェイスブックと相互に恩恵を受けようとする密約や暗号化されたワッツアップのメッセージの閲覧許可といった、物議を醸す多くの主張が盛り込まれている。 by Eileen Guo2020.12.29

何が起きたのか?

テキサス州など共和党系の10の州が、グーグルに対して反トラスト法(日本の独占禁止法に相当)違反の疑いで提訴した。グーグルがフェイスブックとの反競争的合意などでデジタル広告業界を独占していると強く主張している。

訴状によると、グーグルは広告枠の購入者と販売者をつなぐだけではなく、入札による広告取引を支配し、自社独自の検索結果が有利になるように規則とアルゴリズムを操作しているという。これにより、グーグルは「投手、捕手、打者、審判の役を同時にこなしています」と、テキサス州の司法長官は声明で主張している。

訴状で、グーグルとフェイスブックの共謀をどのように主張しているのか?

訴状では、グーグルとフェイスブックが交わした秘密の契約(コードネームはスター・ウォーズのキャラクターにちなんでつけられている)について説明している。契約は、ライバルである両社が共に利益を得られるように広告入札を操作するというものだ(コードネーム自体は黒く塗りつぶされていたが、ウォール・ストリート・ジャーナル紙が「ジェダイ・ブルー」だと明らかにした)。

「これほどの規模の競合2社によるいかなる協力に対しても、反トラスト法遵守の観点からもっとも慎重になるべきだった」と訴状では述べられている。「どうやら、そうしなかったようです」(テキサス州司法長官)。

グーグルはまた、フェイスブックとの共謀だけでなく、より小規模で脅威の少ないパブリッシャーを巧みに操り、入札ついてパブリッシャーを騙し、自社の優位性を確保したとされている。

グーグルがワッツアップのメッセージを盗み読みしてるのは本当か?

訴状で広範囲にわたって黒く塗りつぶさ …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
【春割】実施中! ひと月あたり1,000円で読み放題
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る