KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Two Infants Treated with Universal Immune Cells Have Their Cancer Vanish

汎用免疫細胞で白血病幼児の治療に成功か?

医療の最前線で、遺伝子操作された他人のT細胞によって、白血病の子どもが治療された。 by Antonio Regalado2017.01.26

グレート・オーモンド・ストリート病院(ロンドン)は、ドナーから提供された免疫細胞(遺伝子を操作して作られた)でがんを治療する世界初の実験で、2人の幼児の白血病が治癒した、と発表した。

この実験により、高額でない患者の静脈にすぐに注射できる汎用免疫細胞(Universal Immune Cells)を供給することで、細胞療法を製品化する可能性が出てきた。

他人の細胞の遺伝子を改変する汎用細胞の製品化により、ジュノ・セラピューティクスやノバルティス等、患者自身の血液細胞を収集し、遺伝子操作し、再注入する治療法に何千万ドルもの資金を投じてきた企業は、戦略の見直しを迫られる。

どちらの手法も、T細胞(免疫システムの飢えた捕食細胞)を遺伝子操作し、白血病細胞を攻撃させるのは同じだ。

サイエンス・トランスレーショナル・メディシン誌1月25日号で発表された症例の説明によると、生後11カ月と16カ月のイギリス人幼児は白血病を患っており、従前の治療は失敗だった。試験を率いた遺伝子療法の専門家ワシーム・カシム医師によれば、ふたりとも治療後は寛解状態にあるいう。

この症例はイギリスでメディアの注目を集めたが、治療では標準的な抗がん剤も投与されたため、細胞療法が実際に子どもを治癒したと証明できていない、という研究者もいる。フィラデルフィア小児病院のステファン・グラプがん免疫療法科長(ノバルティスと共同研究中)は「効能の兆候はありますが、証拠はありません。 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント