1. 生命の再定義
    遺伝子療法のキムリアとイエスカルタが米国で昨年承認され、奇跡的な効果が報告されている。しかし、これらの療法による治療を提供しているのはまだ一部の都市に限られており、治療を受けられるかどうか患者がどこに住んでいるかに左右されるのが現状だ。 Emily Mullin4年前
  2. 生命の再定義
    CRISPRによるがん治療、米国初の臨床試験実施へ
    ペンシルベニア大学で、米国初のクリスパー(CRISPR)によるがん治験の準備が整ったことが明らかになった。臨床試験では、がんを検出して攻撃するように遺伝子編集した免疫細胞を人体に注入する。米国立衛生研究所の諮問グループは2016年6月に、同大学の研究者に対して臨床試験の許可を出していた。 Emily Mullin4年前
  3. 生命の再定義
    世界を次に変えるスタートアップ起業家は遺伝子プログラマーだ
    ヒトの免疫系のキラー細胞の内部に埋め込む「プログラム」の作成を手がける創業2年の新興企業が、大手製薬会社ギリアド・サイエンシズに1億7500万ドルで買収された。がん治療のさらなる高度化のために、遺伝子プログラミングの重要性が高まっていることの現れと見なせる。 Antonio Regalado4年前
  4. 生命の再定義
    患者自身の免疫細胞を遺伝子操作するがん治療法が米国で初めて認可されたが、莫大な費用がかかるうえ、患者の状態によっては適用できない場合もある。そこで、健康なドナーから提供された免疫細胞を遺伝子操作して患者の治療に使う方法が注目されている。 Emily Mullin4年前
  5. 生命の再定義
    米国でがんの遺伝子療法が初認可、治療費は47万5000ドル
    ノバルティスが開発した急性リンパ性白血病向けの遺伝子療法「キムリア」が、米国で初めて遺伝子療法として認可された。1回の治療費は47万5000ドルだが、1カ月以内に治療の効果が現れなければ治療費を請求しないという。 Emily Mullin4年前
  6. 生命の再定義
    遺伝子治療を受けられるのは
    先進国の金持ちだけ?
    患者自身の免疫系でがん細胞を殺すCAR-T療法の実用化が迫っている。しかし、治療には高価な加工が必要で、先進国の大都市にしか施設がない。そこで期待されているのが「箱型遺伝子治療」だ。 Antonio Regalado5年前
  7. 生命の再定義
    汎用免疫細胞で白血病幼児の治療に成功か?
    医療の最前線で、遺伝子操作された他人のT細胞によって、白血病の子どもが治療された。 Antonio Regalado5年前
  8. 生命の再定義
    子どもの白血病9割治療
    遺伝子療法の厳しい現実
    白血病の治療に子どもの免疫システムを遺伝子的に変えるCAR-T療法には劇的な効果がある一方で、治療には危険が伴い、持続性もわかっていない。 Michael Reilly5年前