KADOKAWA Technology Review
×
米国でワクチン接種意向に地域差、半数が否定的な郡も
Mary Altaffer/AP
生命の再定義 無料会員限定
Will your neighbors get vaccinated?

米国でワクチン接種意向に地域差、半数が否定的な郡も

米国で新型コロナワクチン接種が始まったが、カーネギーメロン大学の調査によると、米国人の4分の1以上がワクチンを今すぐ接種できるとしても接種しない意向であることが明らかになった。ワクチンを接種したくないと考えている人が半数に達するとみられる郡もある。 by Karen Hao2021.01.24

新型コロナウイルス(SARS CoV-2)のワクチン接種が米国各地で始まる中、そのプロセスは混沌とした悲惨なものとなっている。連邦政府から自力での対策を委ねられた各州は、ワクチンの物流をコントロールするのに四苦八苦しており、ジョージア州、バージニア州、カリフォルニア州など多くの州でスケジュールに大きな遅れが生じている。

しかし、たとえ完璧なサプライチェーンが存在したとしても、別の障害がある。すべての米国人がワクチンを接種したいと思っているわけではないのだ。

米国における最も優秀なインフルエンザ予測チームの1つであるカーネギーメロン大学のデルファイ(Delphi)研究グループがフェイスブックを通じて収集した調査データによると、米国人の4分の1以上がワクチンを今すぐ接種できるとしても接種しない意向であることが明らかになった。ワクチン接種に関する人々の考えは州や郡によって大きく異なる。回答者の中でワクチンを接種したいと答えた人の割合は、ルイジアナ州のテルボンヌ郡が48パーセントで最も低く、バージニア州アーリントン郡が92パーセントで最も高くなっている。

今回の調査の結果は極めて憂慮すべきものだ。ワクチンを接種する人が少なければ少ないほど、より長期にわたりウイルスは国に被害をもたらし続け、人々 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る