KADOKAWA Technology Review
×
無症状感染にも予防効果、
イスラエル大規模接種で
見えてきた終息への希望
AP Photo/Ariel Schalit
生命の再定義 無料会員限定
A leaked report shows Pfizer’s vaccine is conquering covid-19 in its largest real-world test

無症状感染にも予防効果、
イスラエル大規模接種で
見えてきた終息への希望

MITテクノロジーレビューが入手したイスラエル保健省とファイザーの報告書によると、新型コロナ・ワクチンは現実世界でも感染を大幅に抑制できることが分かった。全人口の3割が接種済みのイスラエルは、世界で最初に集団免疫を獲得する国になる可能性がある。 by Antonio Regalado2021.02.26

イスラエル保健省とファイザーが共同で作成した未発表の科学報告書によると、ファイザーの新型コロナウイルス・ワクチンは90%近くの感染を防ぎ、イスラエルは3月までに集団免疫に近づく可能性がある。

イスラエルにおける数十万人分の健康記録に基づくこの研究は、ファイザーのワクチンが新型コロナウイルスの感染を大幅に抑制する可能性を示している。「ワクチンを積極的に投与することで、パンデミック(世界的な流行)を有効に抑えられます。ワクチン接種プログラムが他の国々でも増えてくれば、最終的にパンデミックを制御できる希望が見えてきます」と執筆者は述べている。

イスラエル全土を対象としたこの研究は、イスラエルのニュースサイト「Yネット(Ynet)」が2月18日に報じ、MITテクノロジーレビューも報告書のコピーを入手した。

この調査結果が重要なのは、イスラエルが世界に先駆けて国民にワクチン接種を実施しているからだ。いまやイスラエルは、ワクチンがパンデミックを終結できるかを知るための現実の実験場になっている。

現在までにイスラエルにおける全人口の32%がワクチン接種を完了しており、全員がファイザーのワクチンを接種している。新型コロナウイルス・ワクチンの接種率は、現時点で世界一だ。

この報告書は、ファイザーのワクチンが新型コロナウイルス感染症の発症と死亡を93%以上減らせることを裏付けている。そして、無症状を含むほとんどの感染をワクチンで防ぎ得るという、最初の大規模なエビデンスを提供するものだ。

 

これにより、イスラエルはいわゆる集団免疫を得て、ロックダウンなしでもウイルスが拡散しない程度の集団耐性を達成する最初の国になる可能性がある。

イスラエルが国民に対して迅速にワクチンを接種し続け、かつワクチンの有効性が低い変異株が現れない限り、「イスラエルは3月までに新型コロナウイルスに対する集団免疫のしきい値に近づく可能性があります」と研究は主張している。

イスラエルは、16歳以上の国民640万人全員にワクチン接種を実施するキャンペーンを12月に開始し、ベンヤミン・ネタニヤフ首相は、十分な数の国民が接種を受ければ、イスラエルは日常に戻れると約束した。「これは最後のロックダウンになるだけでなく、新型コロナウイルスとの決別になります」と2月15日にテレビのインタビューで語った(注:2月15日は2020年12月から続けてきたロックダウン中)。「我々は、新型コロナウイルスから脱却する最初の国となるでしょう」。

最前線で

この22ページの非公表報告書は、イスラエルの著名なジャーナリスト、ナダヴ・エヤルが最初に入手し、2月18日にその調査結果について報じたうえ、ツイッター上で報告書のスクリーンショットを公開した。

ファイザーは、研究資料の信憑性について明言しなかった。筆頭執筆者は、イスラエル保健省のシャロン・エルロイ・プライス公衆衛生責任者と、保健省のエリック・ハース研究員となっている。また、この研究はファイザーの8人の研究者によるチームで実施され、その中には疫学者のファリド・カーンやジョン・マクラフリンのほか、以前、米国疾病予防管理センター(CDC)に勤務していた感染症の専門家であるデビッド・スワードローも含まれている。

イスラエルは2021年の初め、ワクチンの安定供給と引き換えにワクチン接種に関するデータの共有にファイザーと合意しており、この研究は合意後初の保健省とファイザーによる共同報告となるものだ。

ファイザーは自社の「コミナティ(Comirnaty)」という名称のワクチンが、大規模な集団に対してどう機能するかを幅広く追跡しており、イスラエル保健省との共同研究はその一環だ。同社は先週、MITテクノロジーレビューに対して「イスラエルを含む世界中のいくつかの場所で現 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021Innovation Issue

AI/ロボット工学、コンピューター/電子機器、輸送、ソフトウェア、インターネット分野で活躍する13人の日本発のイノベーターを紹介。併せて、グローバルで活躍する35人のイノベーターの紹介と、注目のイノベーション分野の動向解説も掲載しました。
日本と世界のイノベーションの最新情報がまとめて読める1冊です。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る