KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!
下水に異変、急拡大する新型コロナ変異株を追跡できるか
Justin Sullivan/Getty Images
生物工学/医療 無料会員限定
The fast-spreading coronavirus variant is turning up in US sewers

下水に異変、急拡大する新型コロナ変異株を追跡できるか

何百万人もの人々がトイレに流す汚水から、感染力の強い新型コロナウイルスの変異株の広がりを追跡できるかもしれない。米国の一部で実施されている下水検査は、感染拡大の防止に役立つのだろうか。 by Antonio Regalado2021.03.03

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の原因となる新型コロナウイルスの感染力の強い変異株が、カリフォルニア州とフロリダ州の下水道で発見され、米国内での存在の拡大が確認されている。

2021年1月下旬よりロサンゼルス近郊とオーランド郊外の下水管から汲み上げられた大量の汚水の中から、いわゆる英国型と共通する遺伝子変異が検出されている。

2020年12月に初めてイングランド南東部で発見された英国株B.1.1.7という新型コロナウイルスの変異株は、ワクチンへの耐性はなさそうであるが、より感染しやすいように見え、イスラエルを含む国々ではすでに優勢な株となっており、現在では症例の80%の原因となっている。一部の研究者は、米国でこの変異株が定着したとすれば、今年3月までには感染の中心になる可能性があると警告している。

新しい下水のデータは、B.1.1.7が蔓延していると推定する他のデータと一致している。2021年1月7日、米国企業ヘリックス(Helix)とカリフォルニア州の研究者は、患者の検査結果を用いて、現在B.1.1.7が米国全体の症例の1~2%、フロリダ州では4%を占めると推定した。この数値は、1月初旬に確認された割合の約4倍となっている。

オーランド近郊のアルタモンテ・スプリングスの下水道では、汚水の検査結果から、感染者の4%がB.1.1.7に感染したことが示唆されている。「マイアミやもっと大きな地域で流行すると思っていましたが、考えが甘かったです」と言うのは、アルタモンテ・スプリングスの公共事業部長であり、下水検査プログラムを監督するエド・トーレスだ。

局所的な蔓延

一部の都市では、下水道を検査することでB.1.1.7の感染者数が直接分かるようになってきている。トーレス部長が使用しているモデルでは、トーレス部長が担当する人口7万7500人の準郊外の汚水収集地域だけでも200人以上が感染していることが示されているという。

フロリダ州中部の保健当局は当初、B.1.1.7の症例は陽性だった観光客のせいだとしていたが、アルタモンテの下水検査は、B.1.1.7が地域内でも広がっていることを示している。フロリダ州では、マスクの着用や物理的な距離を確保することで営業しているテーマパークを含め、大部分が営業を続けている。

米国疾病予防管理センター(CDC)によると、患者の鼻腔ぬぐい液から採取されたウイルス検体の遺伝子配列解析によってB.1.1.7の症例が全国で直接確認 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
人気の記事ランキング
  1. Lego bricks are making science more accessible 科学を身近にするレゴブロック、大学の実験装置にも応用
  2. Promotion Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2024 「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集のお知らせ
  3. Inside the US government’s brilliantly boring websites 米政府系サイトの常識を変えた「デザインシステム」革命
  4. Why artists are becoming less scared of AI 見えてきた「生成AIの限界」がアーティストの不安を取り除く
  5. A way to let robots learn by listening will make them more useful 見落とされてきた「耳」、音を学んだロボットはもっと賢くなる
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る