KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中
50年ぶりの月面再訪にスペースXの着陸船 ライバル逆転
SpaceX
宇宙 無料会員限定
NASA has selected SpaceX’s Starship as the lander to take astronauts to the moon

50年ぶりの月面再訪にスペースXの着陸船 ライバル逆転

NASAは、2020年代に予定しているアルテミス計画において、月周回軌道と月面を往復する着陸船に、スペースXの「スターシップ」を使うことを明らかにした。NASAが昨年、月着陸船に関して3つのグループと締結した契約では、スペースXは受け取る金額が最も少なく、技術や管理面の評価も低かったが、「逆転」した。 by Neel V. Patel2021.04.19

2020年代に、米国航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士は、数十年ぶりに月面に着陸する見込みだ。NASAの発表によると、月面着陸の際に宇宙飛行士が乗る宇宙船は、スペースX(SpaceX)の「スターシップ(Starship)」になるという。

スターシップを建造するためにスペースXがNASAと29億ドルの契約を締結したことは、4月16日にワシントンポスト紙が最初に報道し、後にNASAがこれを認めた。この契約は、イーロン・マスクが創設・経営するスペースXにとって大偉業であると同時に、ライバル企業にとっては大打撃である。

スペースXは、人類を月に、そしていつかは火星へと送り届けることを目的としたスターシップを、次世代の宇宙船だと宣伝している。高さ約49メートル、直径約9メートルのスターシップは、再利用可能な宇宙船で、地面に対して垂直に離着陸するように設計されている。計画では、スターシップは別に打ち上げられ、NASAの宇宙飛行士がNASAの「オリオン(Orion)」宇宙船の乗組員カプセルに乗って到着するまで、月周回軌道で待機することになっている。スターシップは、宇宙飛行士を月周回軌道から月面へと運び、そして(月面から)戻すだけだ。

昨年、NASAは、3つの異なるグループと契約を結んだ。月着陸船の各グループ独自の提案をさらに発展させるのが狙いだ。そのときの契約額は、スペースXが1億3500万ドル、軍需会社のダイネティクス(Dynetics)が2億5300万ドル(同社は、シエラ・ネヴァダ・コーポレーション(Sierra Nevada Corporation)と協力)、ブルーオリジン率いる4社から成るチーム(ノースロップ・グラマン(Northrop Grumman)、ロッキード・マーチン、ドレイパ …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
【春割】実施中! ひと月あたり1,000円で読み放題
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る