KADOKAWA Technology Review
×
Why Snap Is Worried About Net Neutrality

ネット中立性がなければスナップチャットは事業を拡大できない

ネットワーク中立性がなければ、資金に余裕のあるインスタグラムがISPと有利な契約を結ぶかもしれず、そうなればスナップチャットは事業を拡大できない。スタートアップ企業を育むビジネス環境をトランプ政権はどこまで考慮するつもりなのだろうか。 by Mike Orcutt2017.02.08

スナップチャット創業者が先週上場を申請したとき、現在進行中のネットワーク中立性に関する政治論争にも直接言及し、もしトランプ政権が米国連邦通信委員会(FCC)の定めた「オープン・インターネット」規則を撤廃すれば、スナップチャットのビジネスに深刻な影響を与える可能性があると述べた。

FCCのアジット・パイ新委員長は2015年にオープン・インターネット命令で制定されたネットワーク中立性規則は「余命いくばくもない」と発言している。オープン・インターネット命令では、インターネット・サービス事業者(ISP)が、合法的コンテンツのトラフィックを制限したり速度を遅くしたり、コンテンツ事業者がISPに追加料金を払い、自社のデータを優先させる契約(ゼロ・レーティング)を交わしたりすることを禁止している。また、ユーザーに対して不公平または有害とみなされる事業慣習を個別に取り締まる権限をFCCに与えている。パイ委員長が率いるFCCは、賛否あるゼロ・レーティング(ユーザーがデータ通信量の上限に引っかかることなく特定のコンテンツをストリーミング配信で視聴できる携帯電話のサービス)に関する調査をすでに一時停止している。

スナップのように小規模の無線ストリーミング映像事業者は、オープン・インターネット規則が撤廃された場合、大打撃を受ける。証券取引委員会にスナップが提出した申請書類には、オープン・インターネット規則の内容が修正されたり、撤廃された場合には「ユーザーがスナップチャットにアクセスできないようにモバイル事業者が制限をかけられるかも」しれず、競合他社のアプリよりもスナップチャットが面白くなくなるかもしれない、と記している。

政府がオープン・インターネット規則を撤廃し、新規則を設けない場合、携帯電話事業者は、スナップの競合と有利な契約を結ぶ可能性がある。たとえば、通信事業者がスナップチャットには払えない額でインスタグラムのビデオをゼロ・レーティング化したり、インスタグラムと独占契約を結んだりする可能性すらある。

ジョージ・ワシントン大学公共政策研究所のハル・シンガー上級フェローは、ネットワーク中立性に対する保護が全てなくなるとは考えにくい、という。共和・民主両党の政治家は、ISPによる不公平または差別的な事業慣習から、新規のコンテンツ事業者や消費者を守るために何らかの措置は取られるべき点ではでおおむね合意がある。パイ委員長と連邦議会の共和党執行部は、優先すべきはネットワーク中立性の撤廃ではなく、客観的に見てあまりにも厳しい規制をISPに行使できるFCCの権限を廃止することだと主張している。

人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
マイク オルカット [Mike Orcutt]米国版 准編集者
暗号通貨とブロックチェーンを担当するMITテクノロジーレビューの准編集者です。週2回発行しているブロックチェーンに関する電子メール・ニュースレター「Chain Letter」を含め、「なぜブロックチェーン・テクノロジーが重要なのか? 」という疑問を中心に報道しています。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る