KADOKAWA Technology Review
×
米国でセミが17年ぶりの大量発生、観察報告アプリが人気に
Chip Somodevilla/Getty Images
人間とテクノロジー 無料会員限定
The Brood X cicadas are here — and yes, there’s an app for that

米国でセミが17年ぶりの大量発生、観察報告アプリが人気に

米国で17年に一度、大量発生するセミの観察を、スマホアプリを使用したクラウドソーシングで実施している研究者がいる。屋外での観察がパンデミック中の娯楽に適していることに加えて、親しみやすい市民科学活動であることから人気を博し、当初の目標を大幅に上回る報告が寄せられている。 by Tanya Basu2021.06.04

数週間前、ミッシェル・ワトソンは耳をつんざくような、絶え間なく振動する甲高い音で目を覚ました。「この音は一体何?」彼女は疑問に思った。

庭へと出ると、何百匹ものビーズのように目を輝かせた昆虫が、金色の厚い殻をまとって地面から現れ、木を這い上がっているのを目にした。ワトソンが目にしているのは、何千匹もの「ブルードX(Brood X:ブルード・テン)」というセミの出現。総勢何十億という昆虫の群れの一部だ。ブルード・テンの群れは、約3週間にわたっていたるところで、雷のような求愛行動の「金切り声」をあげるために出てくる。それまで17年間、地中に身を潜めていたのだ。

ワトソンは、過去20年間ラスベガスで過ごしていたが、昨年ジョージア州のブルーリッジ山脈に引っ越してきた。ワトソンは、米国東部の広大な地域に、一世代に一度現れるというそのセミについて、ソーシャルメディアに投稿されているのを見たことはあったが、それまでずっと耳にしてきたいつもの夏の虫だと思っていた。「『それがどうしたっていうの?』と思っていました」と彼女は言う。

しかし、奇妙な生き物の襲来に直面し、ワトソンは突然、「何がどうしたというのか」を理解した。そして、現代の人間であれば誰でもするであろうことをした。グーグルで検索したのだ。そして、数分のうちに、セミ追跡アプリ「シケイダ・サファリ(Cicada Safari)」をダウンロードした。

「アイ・ナチュラリスト(iNaturalist)」「ピクチャーディス(PictureThis)」「プランティン(PlantIn)」などのアプリは、パンデミック中の息抜きとして人気を博している。これらのアプリの多くは、デジタル資源としての機能を果たし、ユーザーは科学的研究のために写真や動画を投稿できる。これらのアプリの成功に触発され、マウント・セント・ジョゼフ大学の生物学教授であるジーン・クリツキーは、ブルード・テンを追跡する方法として、独自サービスのシケイダ・サファリを作った。

クラウドソーシングは、一世代に一度しか起こらないブルード・テン大量発生の情報を収集するために、これまでもずっと使われてきた、とクリツキー教授は言う。185 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る