KADOKAWA Technology Review
×
The Rocket Fuel for Biden’s “Cancer Moonshot”? Big Data

がん治療もビッグデータ
バイデン副大統領の新政策

米国国立がん研究所は、ファウンデーション・メディシンから提供された新データの共有によって、適確医療に必要なデータを他社も追随して提供すると願っている by Mike Orcutt2016.06.30

ジョー・バイデン副大統領の 「がん撲滅のための国家プロジェクト」 が、実際にがんの予防や診断、治療スピードを倍にするにば、より多くのデータが必要になる。首都ワシントンで開催された「がん撲滅のための国家プロジェクト」で30日に発表された、米国国立がん研究所(NCI)と、腫瘍ゲノムの配列を解析する検査を販売するバイオ技術企業、ファウンデーション・メディシンの間で交わされた取り決めような、より多くのデータ共有の準備が欠かせない。

計画の進捗を加速させるため、バイデン副大統領はより多くのデータ共有と、産学官のがん研究者の連携を呼びかけた 。今後NCIに対し、1万8000人の成人から得た腫瘍ゲノムの「プロフィール」を提供することになるファウンデーション・メディシンは、NCIが新たに構築する公共データベースで、がんゲノム学の解析プラットフォームとなる「Genomic Data Commons(ゲノム・データ・コモンズ)」に貢献する初の企業になる。新しいデータが加わることで、NCIのデータベースのサイズは倍になるが、このことは、バイデン副大統領のプロジェクトや、オバマ大統領の 「Precision Medicine Initiative(プレシジョン・メディシン・イニシアチブ)」にとっては不可欠だ。このデータベースは、多くのがんに見られる遺伝子異常の研究者に役立ち、新しい治療機会につながり得る。

Vice President Joe Biden is leading an effort to accelerate cancer research.
ジョー・バイデン副大統領は、がん研究を加速させる取り組みを主導している

今日まで、NCIのデータベースには約1万4500人のがん患者の腫瘍から得たシークエンシング情報が保存されている。情報には、患者たちが薬にどう反応したかについての臨床データも含まれる。大型データベースによって、研究者ががんの本質の理解を深め、なぜ一部の腫瘍は薬に反応し、他の腫瘍は薬に反応しないのか、そしてなぜ一部の腫瘍は薬に反応してもやがて再発するのか、に関する手がかりがつかめるかもしれない。

ただし、ファウンデーション・メディシンが自社のすべての情報を提供するわけではない。なぜ患者が薬に反応したのかの情報は含まれないからだ。だが、データセットが大きければ、新発見の可能性は高くなるため、NCIのがんゲノム学センターのルイ・スタウト所長は、NCIの既存データ源にとっては「劇的な」追加であるという。

「患者数が倍以上になることで、がんを理解するためのデータベースの説明能力が大幅に高まります」

できるだけ多くの生物学的情報を利用することで、個人や、個々の病気により適合する「適確医療」を提供するのがプレシジョン・メディシンの意図だ。だが、がん(少なくとも200の型 と、腫瘍ゲノムの特異的異常と定義される、はるかに多くの亜類型がある)は、決して単一の疾病ではなく、これががんに「的確医療」を施すときの課題となる。

がん患者の中には、極めて少人数にしか見られない特殊な腫瘍であることがある、とスタウト所長はいう。場合によっては、こうした希少ながんに作用する薬もあり、同様に、薬の新しいターゲットになりうる未発見の珍しい変質もあるだろう。より多くの患者をNCIのデータベースに加えることで、そうした発見に役立つ。

スタウト所長は、ファウンデーション・メディシンによるデータ提供が、がんゲノム学にとって貴重なデータセットを所有する他のグループにも影響を与えることを願っている。NCIも NCI-MATCHのような、特異的異常を含む腫瘍のある大勢の患者に標的治療を試すことに重点を置いた、革新的な臨床試験を通じて独自に新データを生み出す。

理想的には、膨大な患者のシークエンシング情報と詳細な臨床情報(特に治療結果)の両方が含まれた収集物が必要だ、と米国臨床腫瘍学会のクリフォード・ハディスCEOは語る。つまり、医師は今後、診療記録の多くのデータを入力し、入力したデータはコンピュータで読めなければならなくなる、とハディスCEOはいう。

しかし、この種の情報を1つにまとめれば、患者のプライバシーへの懸念は高まり、データ共有に関する法律は複雑化するだろう。また、 民間企業がいつも自ら進んで自社データを提供するとは限らない。ファウンデーション・メディシンが今回データを提供したのは、プレシジョン・メディシンを「加速する」ためだ、としている。「恐らく、これが私たちに活を入れてくれるでしょう」とハディスCEOは語った。

人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
タグ
クレジット Photograph by Alex Wong| Getty
マイク オルカット [Mike Orcutt]米国版 准編集者
暗号通貨とブロックチェーンを担当するMITテクノロジーレビューの准編集者です。週2回発行しているブロックチェーンに関する電子メール・ニュースレター「Chain Letter」を含め、「なぜブロックチェーン・テクノロジーが重要なのか? 」という疑問を中心に報道しています。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る