1. 血液検査で8種類のがんを発見、米ジョンズ・ホプキンス大
    ジョンズ・ホプキンズ大学が血液サンプルから8種類のがんの兆候を見つけられる検査を開発した。がんと診断された1005人から採取した血液で試したところ、検査の確度が最も高かった卵巣がんでは、98%の確率で検知できた。 Emily Mullin7年前

  2. 遺伝子療法のキムリアとイエスカルタが米国で昨年承認され、奇跡的な効果が報告されている。しかし、これらの療法による治療を提供しているのはまだ一部の都市に限られており、治療を受けられるかどうか患者がどこに住んでいるかに左右されるのが現状だ。 Emily Mullin7年前

  3. 遺伝子療法はどこまで進んだか? 2017年の5大ブレークスルー
    遺伝子療法にとって2017年は、2016年にも勝るブレークスルーの年となった。いくつかの遺伝子療法に対して初めて米国食品医薬品局の認可が下りたことに加えて、稀ながんやいくつかの遺伝性疾患において治癒や寛解の症例が報告された。 Emily Mullin7年前

  4. 患者自身の免疫細胞を遺伝子操作するがん治療法が米国で初めて認可されたが、莫大な費用がかかるうえ、患者の状態によっては適用できない場合もある。そこで、健康なドナーから提供された免疫細胞を遺伝子操作して患者の治療に使う方法が注目されている。 Emily Mullin7年前

  5. ヴィクター・アダルシュタインソン(ブロード研究所)
    がんの診断や治療の向上に取り組んでいる。 MIT Technology Review Editors7年前

  6. がんの撲滅へ向けて、元Google役員が率いるシリコンバレーのスタートアップ企業が本格的に動き出した。11億ドルの資金を集めたグレイルは、血液検査でがんの早期発見を目指す。 Antonio Regalado7年前

  7. がんに関与する遺伝子と患者の生存を関連づける「地図帳」が公開
    スウェーデンの研究者たちが、多くのがんに関与する遺伝子と患者の生存とを関連づける「地図帳」を作成した。研究結果はがんの個別治療の必要性を強調するもので、32の遺伝子が創薬ターゲットになるだろうと予測している。 Emily Mullin7年前

  8. すい臓がん治療に新手法、遺伝子操作した体内物質で狙い撃ち
    細胞間のやり取りで役目を果たしているエキソソームに遺伝子操作を加えて、すい臓がんを治療しようとする試みが始まっている。従来のがん治療よりも副作用を抑えられる可能性がある。 Emily Mullin7年前

  9. がん治療の新標準になるか? 個別化ワクチンに有望な兆し
    最新の研究により、個別化されたがんワクチンが腫瘍の抑制に有効であることが示された。がん治療において画期的な進歩であり、患者ごとにカスタマイズされた治療が今後の標準となる可能性がある。 Emily Mullin7年前

  10. 深層学習で
    医者の仕事が増えすぎ、
    対処できなくなる可能性
    深層学習には、判断理由が人間にはわからない「ブラックボックス問題」がある。しかし医療では、必ずしもすべてのメカニズムが解明されていたわけではない。深層学習を医療の現場に導入したとき起きるのは、もっと別の問題である可能性がある。 Monique Brouillette7年前

  11. ある種のがんで、患者によってはがんが完治することもある免疫療法は、一方では効かないがん、効かない患者がいる不可解な治療方法だ。MDアンダーソンがんセンターのジェイムス・アリソン教授に、現在の課題について話を聞いた。 Adam Piore7年前

  12. 遺伝子治療を受けられるのは
    先進国の金持ちだけ?
    患者自身の免疫系でがん細胞を殺すCAR-T療法の実用化が迫っている。しかし、治療には高価な加工が必要で、先進国の大都市にしか施設がない。そこで期待されているのが「箱型遺伝子治療」だ。 Antonio Regalado7年前

  13. 血液でがん検査のリキッド・バイオプシーが10億ドル増資計画
    血液検査でがんを発見しようとしているグレイルが、実験的手法のための大規模な資金提供を呼び掛けた。 Michael Reilly8年前

  14. パーソナライズされたがんワクチン、白血病の再発を防ぐ
    小規模の臨床試験だが、試験に参加した患者の大部分が、致命的な種類のがんから4年以上寛解の状態になっている。 Emily Mullin8年前

  15. 免疫療法の臨床試験で死者
    実験的がん治療
    「CAR-T療法」に暗雲
    多くの企業が新型のがん医薬品を競って開発しているが、科学者はまだ安全性を評価している段階だ。 Emily Mullin8年前

  16. なぜヒトのがんの研究に、マウスよりイヌが適しているのか?
    ヒトとイヌの発がん遺伝子変異は、共通の部分がある。そこで米国政府は、イヌのガン研究に資金を提供している。 Emily Mullin8年前

  17. 新たな検査はがん治療を変化させるだけなく、他の疾患にも影響を与えている。 Arlene Weintraub8年前

  18. 米国政府が進める「がん撲滅大規模計画」は優れた構想と怪しいアイデアが混在
    米国政府のがん撲滅最新計画は、感動的なものから非常に疑わしいものまで幅広い Jamie Condliffe8年前

  19. 子どもの白血病9割治療
    遺伝子療法の厳しい現実
    白血病の治療に子どもの免疫システムを遺伝子的に変えるCAR-T療法には劇的な効果がある一方で、治療には危険が伴い、持続性もわかっていない。 Michael Reilly8年前

  20. 「ハーセプチン」が証明
    遺伝子治療はすごく儲かる
    世界初の遺伝子治療薬ハーセプチンでわかったのは、がんはひとひとつ異なることだ。 Elizabeth Woyke8年前

  21. オバマ政権が推進の先端医療
    実現できない4つの理由
    患者別の治療も薬は高価で科学はまだそこまで進歩していない。 Mike Orcutt8年前

  22. がんのDNA検査は
    220億ドル市場へ
    「リキッドバイオプシー」は結腸がん完治を予測できるとの研究結果が発表された。 Antonio Regalado8年前

  23. がん治療もビッグデータ
    バイデン副大統領の新政策
    米国国立がん研究所は、ファウンデーション・メディシンから提供された新データの共有によって、適確医療に必要なデータを他社も追随して提供すると願っている Mike Orcutt8年前