1. 生命の再定義
    遺伝子療法の進歩により、遺伝性のあらゆる希少疾患を治療できる可能性が出てきた。だが、治療には莫大な費用がかかり、お金のある人や著名人だけが治療を受けられるという深刻な倫理的ジレンマを生む可能性がある。 Antonio Regalado9カ月前
  2. 生命の再定義
    遺伝子情報に基づく適確医療に対する世間の注目が集まっているが、当初に期待したほどの成果をまだ挙げられていないことも確かだ。舌鋒鋭い批判で知られる腫瘍専門医のビナイ・プラサド准教授によれば、個別の遺伝子治療の利点が誇張されることで、公衆の誤解を招き、ひいては患者の不利益になっているという。 Stephen S. Hall10カ月前
  3. 生命の再定義
    医療とテクノロジーの未来:「生命の不平等」とも向き合う覚悟を
    ヒトゲノムの解読に初めて成功してから20年が過ぎ、膨大な量の医療データが利用可能になり、分析ツールが揃ってきたことで、個人ごとにカスタマイズした「適確医療」が現実となる日が近づきつつある。MITテクノロジーレビューの適確医療特集に寄せる、米国版編集長からのエディターズ・レター。 Gideon Lichfield10カ月前
  4. 生命の再定義
    30億ドルを投じて人間の遺伝子を解読する「ヒトゲノム計画」でゲノムの設計図が発表されたとき、遺伝子情報に基づく「適確医療」が病気の診断・予防・治療に革命を起こすと大きな期待が寄せられた。それからほぼ20年が過ぎた現在、適確医療は一見するとさほど普及しておらず、期待外れとの声も一部で聞かれる。 Antonio Regalado10カ月前
  5. 生命の再定義
    医療の高度な個別化は生命に「格差」をもたらすのか
    高度に個別化された適確医療(Precision Medicine)は、少数派や女性たち、貧しい人々といった特定のグループに想定外の悪影響を及ぼす可能性がある。 Emily Mullin2年前
  6. ビジネス・インパクト
    ドラッグや鎮痛剤の依存症は、米国で深刻な社会問題だ。依存症患者向けの社会復帰支援アプリ「トリガー・ヘルス」は、セラピー集会のグループ活動になじめない患者には有効そうだが、FDAの認可を受けたわけではない。 Nanette Byrnes2年前
  7. 生命の再定義
    小児脳がんの56%に遺伝子変異発見で、標的抗がん剤に希望
    小児がん患者の半数以上にある遺伝子欠陥が見つかったことで、診断方法が変わり、医薬品の標的にできるかもしれない。 Emily Mullin3年前
  8. 生命の再定義
    膵臓がんの治療法を
    DNA検査で判定できるか?
    非営利団体が、膵臓がん患者数千人を対象にしたDNAシーケンシングで、患者に最適な治療方法を導く治験を実施しようとしている。 Emily Mullin3年前
  9. ビジネス・インパクト
    勝つのは誰か?
    適確医療イノベーション
    ヒトゲノムの塩基配列が決定して13年がたち、目覚ましい成果をあげる治療法が開発されだした。 Nanette Byrnes3年前
  10. ビジネス・インパクト
    狙いは適確医療の独占?
    途上国のゲノム情報を収集
    遺伝子配列の決定が遅れているアジアに注目し、適確医療を進めようとするスタートアップ企業がある。 Elizabeth Woyke3年前
  11. ビジネス・インパクト
    「ハーセプチン」が証明
    遺伝子治療はすごく儲かる
    世界初の遺伝子治療薬ハーセプチンでわかったのは、がんはひとひとつ異なることだ。 Elizabeth Woyke3年前
  12. ビジネス・インパクト
    スマホで健康管理
    究極は「自撮り型医療」
    心臓専門医でゲノム医療の専門家でもあるエリック・トポル教授は自身の取り組みを「自撮り型医療」と呼ぶ。 Nanette Byrnes3年前
  13. ビジネス・インパクト
    ゲノム解析で始まる
    お金持ちが健康に生きる世界
    多くのデータを分析することで、遺伝子配列決定の先駆者は、DNAと病気の関係の不明点を解き明かそうとしている Arlene Weintraub3年前
  14. ビジネス・インパクト
    投資家と難病患者が注目
    遺伝子編集エディタス
    数億ドルの資金を得て、エディタスは投資家が遺伝子編集に熱中することは証明した。次は会社が、難病治療にテクノロジーが役立つことを証明する番だ。 Nanette Byrnes3年前
  15. 生命の再定義
    オバマ政権が推進の先端医療
    実現できない4つの理由
    患者別の治療も薬は高価で科学はまだそこまで進歩していない。 Mike Orcutt3年前
  16. 生命の再定義
    米国が進める患者別医療
    データベース構築で前進
    ホワイトハウスは、巨大新データベースにより、遺伝子検査の精度が高まり、患者別医療の成功が約束されると述べた。 Mike Orcutt3年前
  17. 生命の再定義
    がん治療もビッグデータ
    バイデン副大統領の新政策
    米国国立がん研究所は、ファウンデーション・メディシンから提供された新データの共有によって、適確医療に必要なデータを他社も追随して提供すると願っている Mike Orcutt3年前