KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
産総研の研究者、激減する蜂の代替を目指して受粉ドローンを開発
Watch This $100 Drone Try to Do a Bumblebee’s Job

産総研の研究者、激減する蜂の代替を目指して受粉ドローンを開発

世界中で蜂が激減しており、植物の受粉ができなくなった地域がある。そこで産総研の研究者が蜂の代替を目指して受粉ドローンを開発した。 by Antonio Regalado2017.02.10

日本から、最新の研究成果がもたらされた。つくば市にある産業技術総合研究所の研究者は、イオン液体ゲルと呼ばれる普通とは違った特性のある物質の新しい用途を探していた。このゲルはベタベタしているのだ。

研究チームは、花粉の媒介者を作ることにした。悲しい事実だが、世界各地で蜂の数が減少している。減少の原因はまだ十分に解明されていないが、ドローンが花の間を飛び回って花粉を運べないか、テクノロジストが目を付け、研究を始めている。機械製の蜂を検討するまで状況が悪化しているのだ。

産総研の研究者は、アマゾンから100ドルで購入したドローンの底面に馬の毛を貼り付け、イオン液体ゲル(湿り気があり、付箋紙のポストイットと同じくらいの粘着性がある)を塗り、ドローンが花粉の粒をくっつけて受け渡せるようにした。

 

上の映像のように、研究者はピンクと白のササユリの花の、ちょうど雄しべと雌しべの部分に向けて、正確にドローンを飛ばした。プロジェクトリーダーの都英次郎主任研究員によれば、ドローンが花の受粉を媒介したのは世界初だという。

この発明はまだマルハナバチの代替にはな …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント