1. ビジネス・インパクト
    コピー製品であふれかえっていた深センは、世界に製造エコシステムを輸出するハードウェア・ハブになった。しかし、その将来は国際的な規範の順守、中国政府の圧力、労働賃金の増加などがあり、決して平坦な道のりではない。 An Xiao Mina and Jan Chipchase6カ月前
  2. コネクティビティ
    英空港ドローン騒動、航空機の安全を守る方法はあるか?
    ドローンによる妨害で英国の空港が閉鎖に追い込まれ、最大11万人に影響が出た。ドローンへの対抗策を求める声が高まることが予想されるが、現実問題として技術的に有効な対策はほとんどない。 Konstantin Kakaes9カ月前
  3. 知性を宿す機械
    MIT発のスタートアップ、AI搭載の自動追尾ドローンを発売
    深層学習で特定の人物の外見を認識して、人工知能(AI)による自動操縦で障害物を避けながら飛行するドローンが登場した。周囲を撮影する13個のカメラとAI用チップセットを搭載し、価格は2499ドルだ。 Will Knight2年前
  4. コネクティビティ
    2017年に買ってあげたいガジェットをMITテクノロジーレビューがセレクトしてみた。 MIT Technology Review Editors2年前
  5. ビジネス・インパクト
    米国で過熱する
    ドローン操縦士の育成
    ところで仕事はあるの?
    米国で、ドローン操縦士の養成課程を提供するコミュニティ・カレッジが増えている。米連邦航空局がドローンを商業的に操縦するには「遠隔操縦士」の資格を取得しなければならないとしたのを受けてのことだが、課程を修了したからと言って関連する仕事に就けるかどうかは不透明だ。 Elizabeth Woyke2年前
  6. 知性を宿す機械
    インフラ点検をドローンに置き換え、機械学習で異常箇所を発見
    深層学習を使ってドローンやロボットが自律的にパイプ・ライン、送電線などを点検する企業がある。石油精製所の点検作業を人力から機械化することで、100万ドルの費用が浮くという。 Will Knight2年前
  7. ビジネス・インパクト
    アフリカでドローン配送が拡大、医薬品の在庫切れ解消へ
    シリコンバレーのドローン配送企業、ジップラインは、ルワンダでの事業を経てタンザニアでもドローン配送を始める。緊急に必要なワクチンの輸送や、60年間、世界が手をこまねいたきた、医薬品の在庫切れの問題を一気に解決できるかもしれない。 Jon Rosen2年前
  8. ビジネス・インパクト
    先進国ではドローンを使った宅配サービスの実験が始まっているが、インフラがまだ整っていないアフリカ・ルワンダではすでにドローンが救急医療に欠かせない血液輸送の役割を担っている。ルワンダ政府とジップラインが始めた最新の取り組みと課題を現地で聞いた。Jonathan W. Rosen2年前
  9. ビジネス・インパクト
    ローレンツ・マイヤー(スイス連邦工科大学)
    ドローン向けの自律飛行型オートパイロットを開発した研究者。 Kyanna.Sutton2年前
  10. 知性を宿す機械
    米国で急増するコカイン密輸、ドローン監視作戦で対抗
    南米から流入するコカインが過去最高量を記録するなか、米国では沿岸警備隊はドローンによる監視を始めた。 Michael Reilly2年前
  11. 知性を宿す機械
    電池切れでも墜落しない
    NASA開発の新技術で
    宅配ドローンは離陸するか
    宅配ドローンが実用化できない大きな理由の1つが安全性だ。電池切れやシステムトラブル時にもドローンが緊急着陸できる新しい技術がNASAの研究者によって開発されている。 Simon Parkin2年前
  12. 知性を宿す機械
    世界最速ドローン、時速300キロでドロン
    新型ドローンが世界最速となる時速約300キロの記録を打ち立てた。見失ってしまいそうなほど高速だ。 Jamie Condliffe2年前
  13. 知性を宿す機械
    トランプ政権、危険ドローンの撃墜へ動き出す
    米国政府は安全保障を脅かすドローンの規制へと動き出した。脅威と判断されたドローンは、ハッキング、追跡、撃墜できるようになる。 Mike Orcutt2年前
  14. 知性を宿す機械
    スカイディオ、消費者向けに自律型ドローンを発売へ
    ドローンの操縦は、GPSとパイロットの腕が頼りだ。しかしドローン系スタートアップ企業のスカイディオは、特に消費者向けには自律型のドローンを普及させない限り、ドローンの性能は活かせないと考えている。 Tom Simonite3年前
  15. 持続可能エネルギー
    産総研の研究者、激減する蜂の代替を目指して受粉ドローンを開発
    世界中で蜂が激減しており、植物の受粉ができなくなった地域がある。そこで産総研の研究者が蜂の代替を目指して受粉ドローンを開発した。 Antonio Regalado3年前
  16. 知性を宿す機械
    フェデックスは
    音声アプリと自律トラックで
    配達を自動化
    フェデックスが、音声アプリやドローン、ロボット、自律トラック等の最新テクノロジーをどう配送事業に組み込むかの一端を明らかにした。 Elizabeth Woyke3年前
  17. コネクティビティ
    グーグルとフェイスブック、ドローンによるネット接続事業で失敗
    アルファベットはプロジェクトを中止し、フェイスブックもうまくいっていない。 Jamie Condliffe3年前
  18. コネクティビティ
    政権末期だからこそ、オバマ大統領が諦めない4つの技術政策
    米議会はトランプ就任までに政府による個人所有デバイスのデータアクセス権限について検討するつもりでいる。オバマ政権は最後に運輸やインターネット政策における課題を解決してホワイトハウスを去ることになる。 Mike Orcutt3年前
  19. 知性を宿す機械
    非武装の警備ドローンは警備員の職を奪えるか?
    侵入者への警告灯の発光とスポットライトの照射により、警備コストを減らす非武装の無人航空機がある。 Tom Simonite3年前