KADOKAWA Technology Review
×
The Cost of Trump’s Wall Going Up Is Going Up

メキシコ国境の壁は、全部作らなくてもトランプ政権の手柄になる

メキシコ国境沿いの壁をすべて建設するにはばく大な費用と工期が必要だが、部分的に着工するだけでも政治的には勝利だ。費用も少なくて済み、政権一期目に成果を出せる妙案といえる。 by Michael Reilly2017.02.13

選挙中、ドナルド・トランプ大統領は米国・メキシコ国境沿いの壁の建築費用について、およそ120億ドルだと述べた。しかし上下両院の共和党幹部は、壁の建設費用をおおよそ150億ドルと見積もっている。

ロイター通信がすっぱ抜いた米国国土安全保障省(DHS)の新たな報告書は、壁の建設費をさらに高額の216億ドルと推定している。建設会社による独自の見積もりでは、計画に不確実性があることから、建設費用は250億ドルに達する可能性があるという。

MIT Technology Reviewは10月に独自に費用を検討し、コンクリートや鋼鉄、建設作業にかかる総費用を270~400億ドルと推定した。総費用は、壁の総延長距離と高さによって大きく変動する。トランプ大統領は選挙中、高さ約11〜20mの壁を建設するつもりだと述べたが、総延長距離については言及しなかった。

トランプ大統領やポール・ライアン下院議長、ミッチ・マコネル上院院内総務が発表した当初費用は、すべて低く見積もられていたようだ。国土安全保障省の最新の推定額216億ドルはMIT Technology Reviewの見積もり額に近いといえば近いが、編集部の予測では、216億ドルで建設できるのは、高さ約15m、厚さ約30cmの壁を約965kmの壁が限度だ。一方、国土安全保障省の報告書では、壁の総延長を約2012kmとしている。(MIT Technology Reviewのウィジェットを使えば、壁の高さと距離を変えて総工費を推定できる)

また、ロイター通信によれば、壁の建設には3年以上かかる。つまり、9月に建設を始めて、すべてが順調に進んでも、トランプ大統領の任期1期目の終了間際になってようやく完成する。

とはいえ、壁の完成が目標とは限らない。国土安全保障省の報告書によれば壁は段階的に建設される可能性があり、サンディエゴ近郊の短い区間とテキサス州の一部の合計約42kmが最初の対象地域だ。部分的にも着工すれば政治的には勝利であり、必要な費用は50億ドル以下に抑えられる。また、建築資材を輸送しにくいへき地に壁を建設する際の問題を避けられるメリットもある。

(関連記事:Reuters, “トランプ候補を完全論破 適当なコスト計算をするな”)

人気の記事ランキング
  1. This new image shows off magnetic fields swirling around a black hole 周囲の磁場くっきり、初撮影チームがブラックホール最新画像を公開
  2. What are the ingredients of Pfizer’s covid-19 vaccine? ファイザーの新型コロナワクチンの成分は?専門家が解説
  3. Error-riddled datasets are warping our sense of how good AI really is AIモデル評価用データセットに多数の誤り、実は優秀ではなかった?
  4. Covid-19 immunity likely lasts for years 新型コロナ、免疫は長期間持続か=米新研究
  5. Google’s top security teams unilaterally shut down a counterterrorism operation グーグルが報告した手練れのハッキング集団、実は欧米の工作員
タグ
クレジット Photograph by Justin Sullivan | Getty
マイケル レイリー [Michael Reilly]米国版 ニュース・解説担当級上級編集者
マイケル・レイリーはニュースと解説担当の上級編集者です。ニュースに何かがあれば、おそらくそのニュースについて何か言いたいことがあります。また、MIT Technology Review(米国版)のメイン・ニュースレターであるザ・ダウンロードを作りました(ぜひ購読してください)。 MIT Technology Reviewに参加する以前は、ニューサイエンティスト誌のボストン支局長でした。科学やテクノロジーのあらゆる話題について書いてきましたので、得意分野を聞かれると困ります(元地質学者なので、火山の話は大好きです)。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. This new image shows off magnetic fields swirling around a black hole 周囲の磁場くっきり、初撮影チームがブラックホール最新画像を公開
  2. What are the ingredients of Pfizer’s covid-19 vaccine? ファイザーの新型コロナワクチンの成分は?専門家が解説
  3. Error-riddled datasets are warping our sense of how good AI really is AIモデル評価用データセットに多数の誤り、実は優秀ではなかった?
  4. Covid-19 immunity likely lasts for years 新型コロナ、免疫は長期間持続か=米新研究
  5. Google’s top security teams unilaterally shut down a counterterrorism operation グーグルが報告した手練れのハッキング集団、実は欧米の工作員
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021Innovation Issue

AI/ロボット工学、コンピューター/電子機器、輸送、ソフトウェア、インターネット分野で活躍する13人の日本発のイノベーターを紹介。併せて、グローバルで活躍する35人のイノベーターの紹介と、注目のイノベーション分野の動向解説も掲載しました。
日本と世界のイノベーションの最新情報がまとめて読める1冊です。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る