1. 持続可能エネルギー
    米国における気候変動の問題は、すでに科学から乖離して政治的対立となっている。懐疑論を打ち破り、有効な政策に結び付けるには、「説得の技術」が鍵になるかもしれない。 James Temple2年前
  2. 知性を宿す機械
    AIでも「米国第一」、トランプ政権が発表したしょぼすぎる政策
    トランプ政権は5月10日、「AIに関する特別委員会」の発足を発表した。同政権はAI分野にも「アメリカ・ファースト」を貫き、AI研究を推進すると同時に社会への影響に備えるとしているが、他の施策との矛盾は明らかで、取り組み自体も他国に比べると小規模に思える。 Will Knight3年前
  3. 生命の再定義
    トップ不在、人員半減——停滞続くトランプ政権の科学技術行政
    トランプ大統領が科学顧問を指名しない期間は、歴代大統領の中で最長になった。これまで、ホワイトハウスの科学技術政策局は数多くの科学的な問題解決に関与してきた。科学顧問は経済顧問や安全保障担当と同じぐらい重要な役職だ。それにもかかわらず、トランプ政権にまだ指名の動きがないことに議員や科学者はいらだちを隠せない。 Emily Mullin3年前
  4. 生命の再定義
    「目をつけられたら終わり」
    アンチ科学政権下で萎縮する
    米国の生物学者たち
    遺伝子編集などの分野で、最近の生物学は目覚ましい進歩を遂げている。しかし、科学顧問の長期不在に象徴される「アンチ科学」のトランプ政権下で誤った関心を引くと、研究に制限をかけられかねないと研究者たちは恐れている。 Emily Mullin3年前
  5. 知性を宿す機械
    トランプ政権、危険ドローンの撃墜へ動き出す
    米国政府は安全保障を脅かすドローンの規制へと動き出した。脅威と判断されたドローンは、ハッキング、追跡、撃墜できるようになる。 Mike Orcutt3年前
  6. 持続可能エネルギー
    環境規制の緩和を目指すトランプ政権は、気候変動の経済的コストを過小評価することで、この評価値の無効化を狙っている。しかし、これまでと異なる評価値は、根拠がないとして提訴されるリスクもある。 James Temple3年前
  7. 持続可能エネルギー
    洋上風力発電嫌いのトランプ政権、雇用者増で推進に方針転換?
    化石燃料、特に石炭産業の復活を掲げて当選したトランプ政権が、洋上風力発電の推進に方針を転換した動きを見せている。洋上風力発電が10万人単位の雇用を生み出しているため、むげにはできなくなったのかもしれない。 Michael Reilly4年前
  8. 持続可能エネルギー
    トランプ政権、気候変動対策の主導国を中国に譲渡
    気候変動対策を放棄する方針のトランプ政権の政策により、今後国際的リーダーシップを発揮するのは必然的に中国になる。自国第一主義とは、リーダーの座も降りることだ。 Jamie Condliffe4年前
  9. ビジネス・インパクト
    メキシコ国境の壁は、全部作らなくてもトランプ政権の手柄になる
    メキシコ国境沿いの壁をすべて建設するにはばく大な費用と工期が必要だが、部分的に着工するだけでも政治的には勝利だ。費用も少なくて済み、政権一期目に成果を出せる妙案といえる。 Michael Reilly4年前
  10. 持続可能エネルギー
    メキシコ国境に壁を作ると自動車由来の二酸化炭素排出量が減る
    壁は数百万トンの二酸化炭素を排出し、動植物の生態に深刻な影響を与える。一方、ガソリン価格が上昇すれば、自動車の使用回数が減り、二酸化炭素排出量を減らす効果も期待できる。 Jamie Condliffe4年前
  11. ビジネス・インパクト
    オバマ政権の政策のよかったこと、うまくいかなかったことをMIT Technology Review編集部がまとめました。 MIT Technology Review Editors4年前