KADOKAWA Technology Review
×
海運業の脱炭素化で「アンモニア」が注目される理由
Getty Images
持続可能エネルギー 無料会員限定
How ammonia could help clean up global shipping

海運業の脱炭素化で「アンモニア」が注目される理由

温室効果ガスの排出量削減が難しい海運業で注目されているのが、「アンモニア」だ。アンモニアを燃焼させる「アンモニア燃料船」に加えて、燃料電池として使う方法を模索する企業もある。 by Casey Crownhart2022.09.04

独特の臭いと危険性で知られる有毒ガスのアンモニアが、温室効果ガスの排出削減に役立つ燃料になる。そう言われても、なかなかピンとこない人もいるかもしれない。

だが、大型船舶の長距離航行に必要なエネルギーを効率よく供給できるアンモニアは、世界の海運業の脱炭素化において重要な役割を果たす可能性がある。

船舶の安全性基準の策定と検査を手掛ける米国船級協会(American Bureau of Shipping)は最近、造船世界大手のサムスン重工業製を含む、複数のアンモニア燃料船と燃料補給インフラの基本設計を承認した。アンモニアを燃料とする船舶は2024年に最初の船主へ納入される予定で、早ければ今後数年で海上での運航が始まる可能性がある。アンモニア燃料船の実現には新しいエンジンと給油システムが必要となるものの、船舶で現在使われている化石燃料をすべて置き換えることができれば、世界の二酸化炭素排出量を大きく削減できる。

さらにその先を見据える企業もある。ニューヨークを拠点とするスタートアップ企業のアモギー(Amogy)は、燃料電池にアンモニアを使うことで、温室効果ガスの大幅な排出削減を目指す。今年初めには5000万ドル近くの資金調達に成功した。

海運業は、世界の二酸化炭素排出量のおよそ3%を占めている。アンモニアや他の代替燃料の初期試験で拡張可能なシステムが実証できれば、海運業界が化石燃料からの転換を始め、気候変動の原因となる温室効果ガスの排出を抑制できるはずだ。

アンモニアの …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8脱炭素イノベーション

2050年のカーボンニュートラル(炭素中立)の実現に向けて、世界各国で研究開発が加速する脱炭素技術、社会実装が進む気候変動の緩和・適応策などGX(グリーン・トランスフォーメーション)の最新動向を丸ごと1冊取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る