KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!
【本日15時〜生配信】2022年のイノベーターが集結「IU35 Summit」
TR
イベント 各分野のキーパーソンとともにお届けするライブコンテンツ
Innovators Under 35 Japan Summit 2022 in Nihonbashi

【本日15時〜生配信】2022年のイノベーターが集結「IU35 Summit」

MITテクノロジーレビューは、2022年12月15日、「Innovators Under 35 Japan Summit 2022 in Nihonbashi」を開催する。本年度の「U35イノベーター」たちを会場に迎え、活動内容を紹介してもらう予定だ。 by MIT Technology Review Event Producer2022.12.06Promotion

【本日15時〜生配信】こちらからご視聴いただけます。


世界的な課題解決に取り組む若きイノベーターの発掘、支援を目的とするMITテクノロジーレビュー[日本版]主催のアワードInnovators Under 35 Japan 2022。3 回目の開催となる本年度は、「コンピューター/電子機器」「ソフトウェア」「輸送(宇宙開発を含む)」「インターネット」「AI/ロボット工学」「通信」「エネルギー/持続可能性」「医学/生物工学」の8分野を対象に候補者を募集し、起業家や研究者、活動家など14名のイノベーターを選出しました。

そのお披露目となる記念イベント「Innovators Under 35 Japan Summit 2022 in Nihonbashi」を2022年12月15日に、東京・日本橋で開催します。

本年度の受賞者全員によるプレゼンテーション、審査員による特別講演、ゲストによるトークセッションなどのプログラムをご用意しています。また、サミット本編終了後は受賞者との交流の機会も設けています(参加には別途パーティチケットが必要です)。

テクノロジーを使ってよりよき未来を作るためのイノベーションの可能性について話し合う機会です。

IU35 Japan 2022の受賞者の情報は公式サイトをご確認ください。
Innovators Under 35 Japan 2022 in Nihonbashi公式サイト

 

本イベントの参加は無料です(懇親会は別途有料)。事前にWebサイトからお申し込みの上、ご参加ください。また、当日はオンラインでの同時配信も予定しております。あわせてご注目ください。


Innovators Under 35 Japan Summit 2022 おもな内容

■基調講演「U35イノベーターたちへ」

中島 秀之氏(札幌市立大学 学長/IU35 Japan 2022審査員)

クロージング・トークセッション「社会を動かすイノベーション」

宇井吉美氏(aba代表取締役CEO/IU35 Japan 2021受賞者)
安田クリスチーナ氏(国際NGO InternetBar.org、米マイクロソフト/IU35 Japan 2020受賞者)
江守正多氏(東京大学未来ビジョン研究センター 教授、国立環境研究所地球システム領域 上級主席研究員/IU35 Japan 2022審査員)
小林久(MITテクノロジーレビュー[日本版]編集長)

■授賞式/受賞者ショートプレゼン

Innovators Under 35 Japan受賞者(全14人)

■懇親会(有料)
※簡単なお食事とお飲み物をご用意しております。マスク着用の上ご参加ください。

※新型コロナウイルス感染症の状況によってイベントの内容や形態を変更する場合があります。また、来場の際には感染症対策へのご協力をお願いいたします。


主催:MITテクノロジーレビュー[日本版]

協賛三井不動産X-NIHONBASHI株式会社電通国際情報サービス

 

協力株式会社紀伊國屋書店一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン

 

 

Innovators Under 35 Japan Summit 2022 in Nihonbashi
日時
2022年12月15日(木) 15:00〜19:00(14:30 受付開始)
定員
会場参加チケット:100人 パーティ参加チケット:20人
オンラインはYouTubeでの配信のため、定員はありません。
場所
室町三井ホール&カンファレンス(中央区日本橋室町3丁目2−1 COREDO室町テラス 3階)
料金

会場参加チケット:無料
オンライン参加チケット:無料
パーティ参加チケット:5,000円

主催
MITテクノロジーレビュー[日本版]
プログラム

<Innovators Under 35 Japan Summit 2022 in Nihonbashi>

15:00 開会のご挨拶
マット・ホーナン(MITテクノロジーレビュー グローバル編集長)

15:05 Innovators Under 35のご紹介
小林 久(MITテクノロジーレビュー[日本版]編集長)

15:10 基調講演「U35イノベーターたちへ」
中島 秀之氏(札幌市立大学 学長/2022審査員)

15:30 受賞セレモニー

16:00 受賞者ショートプレゼン

15:30 クロージング・トークセッション「社会を動かすイノベーション」
宇井吉美氏(aba/2021受賞者)
安田クリスチーナ氏(国際NGO InternetBar.org、米マイクロソフト/2020受賞者)
江守正多氏(東京大学未来ビジョン研究センター 教授、国立環境研究所地球システム領域 上級主席研究員/2022審査員)
小林久(MITテクノロジーレビュー[日本版]編集長)

17:40 閉会の挨拶

–配信終了–

17:45 懇親会

19:00 クローズ

注意事項

・イベント開催時間、各プログラムの開始終了時間、登壇者および講演内容は都合により変更になる場合がございます。
・Peatixのページに記載の注意事項をご確認ください。

申し込みページへ
人気の記事ランキング
  1. The way whales communicate is closer to human language than we realized クジラの言語構造、想像以上に人間の言語に近かった
  2. Why EV charging needs more than Tesla EVシフト、充電部門閉鎖で明らかになった「テスラ頼み」の危うさ
  3. Almost every Chinese keyboard app has a security flaw that reveals what users type 人気の中国語キーボード・アプリ、ほぼすべてに脆弱性が存在
  4. Three takeaways about the current state of batteries エネルギー革命の主役に躍り出た蓄電池、押さえておきたいデータ3つ
MITテクノロジーレビュー イベント事務局 [MIT Technology Review Event Producer]日本版 イベント運営チーム
MITテクノロジーレビュー[日本版]が開催するイベント情報をお知らせします。
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. The way whales communicate is closer to human language than we realized クジラの言語構造、想像以上に人間の言語に近かった
  2. Why EV charging needs more than Tesla EVシフト、充電部門閉鎖で明らかになった「テスラ頼み」の危うさ
  3. Almost every Chinese keyboard app has a security flaw that reveals what users type 人気の中国語キーボード・アプリ、ほぼすべてに脆弱性が存在
  4. Three takeaways about the current state of batteries エネルギー革命の主役に躍り出た蓄電池、押さえておきたいデータ3つ
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る