KADOKAWA Technology Review
×
A Shot in the Arm for Obama’s Precision Medicine Initiative

米国が進める患者別医療
データベース構築で前進

ホワイトハウスは、巨大新データベースにより、遺伝子検査の精度が高まり、患者別医療の成功が約束されると述べた。 by Mike Orcutt2016.07.08

適確医療は巨大プロジェクトだ。薬や治療を個々の患者の症状、ライフスタイル、環境、遺伝子に合わせて調整し、医療に革命を起こすと考えられている。 しかし、7日夜、オバマ政権が2016年に5500万ドルを費やして100万人以上のボランティアから得た詳細な医療情報を含む、公共データベース「適確医療コホート」を構築していると発表したのは、最初に人間の健康とは何かを学ばなければならないからだ。もちろん、急成長中の遺伝子検査マーケットを適正に規制する方法をオバマ政権が模索していることも関係している。

米国国立衛生研究所(NIH)のフランシス・コリンズ所長は「適確医療コホート」データベースについて「従来あったこの種のプロジェクトの中で、最大かつ最も壮大な研究プロジェクトだ」と電話取材に答えた。データベースには医療記録、ゲノム配列、血液および尿検査結果、さらに健康データを収集する携帯機器やアプリから得たデータが取り込まれる。 コリンズ所長は、データベースはあらゆる人種、民族性および社会経済学的階層を代表していると強調し、今後長期にわたって患者を追跡調査する述べた。

6日には関連プロジェクトも発表されている。米国食品医薬品局(FDA)が、急成長する遺伝子検査分野を、当局が今後どのように取り締まるかを示す指導書のドラフト版を発表したのだ。FDAが懸念しているのは、新世代の遺伝子検査が患者の安全を危険にさらすことだ。遺伝子検査の根底にあるテクノロジーは高速かつ低価格にすべての遺伝子配列を解析し、数百万もの遺伝子異常を特定できる。だが、検査結果をどう解釈するかは、定まった方法がない。

President Obama, discussing precision medicine at an event in February.
2月に開催されたイベントで、プレシジョン・メディシンについて説明するオバマ大統領

多くの遺伝子検査サービスは、被検査者が特定の病気に罹患しているか、発症リスクがあるかがわかるとしている。また、患者に適切と考えられる治療方法を指定することもある。これまで遺伝子検査には当局の規制がない状態だったが、FDAは監督権限を行使し、遺伝子検査が実際にどれほど正確で臨床的に有効かを評価しようとしているのだ。

FDAのロバート・カリフ長官は、高度な遺伝子検査は「適確医療を推進し、成功を確実にする上で極めて重要だ」と述べた。しかし、カリフ長官がいう成功とは「検査によって、診断と治療方法がわかること」(つまり、今と同じだ)にすぎない。 カリフ長官は新規制がいつまとまるのかを明かさなかったが、データベースに蓄積される情報が、遺伝子検査の開発企業が直面している曖昧な規制を、いくらかは明確にするはずだ。

人気の記事ランキング
  1. What are the ingredients of Pfizer’s covid-19 vaccine? ファイザーの新型コロナワクチンの成分は?専門家が解説
  2. Covid-19 immunity likely lasts for years 新型コロナ、免疫は長期間持続か=米新研究
  3. The first black hole ever discovered is more massive than we thought 白鳥座X-1ブラックホール、従来推定よりはるかに巨大だった
  4. There’s a tantalizing sign of a habitable-zone planet in Alpha Centauri ケンタウルス座アルファ星のハビタブルゾーンに惑星が存在か
マイク オルカット [Mike Orcutt]米国版 准編集者
暗号通貨とブロックチェーンを担当するMITテクノロジーレビューの准編集者です。週2回発行しているブロックチェーンに関する電子メール・ニュースレター「Chain Letter」を含め、「なぜブロックチェーン・テクノロジーが重要なのか? 」という疑問を中心に報道しています。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. What are the ingredients of Pfizer’s covid-19 vaccine? ファイザーの新型コロナワクチンの成分は?専門家が解説
  2. Covid-19 immunity likely lasts for years 新型コロナ、免疫は長期間持続か=米新研究
  3. The first black hole ever discovered is more massive than we thought 白鳥座X-1ブラックホール、従来推定よりはるかに巨大だった
  4. There’s a tantalizing sign of a habitable-zone planet in Alpha Centauri ケンタウルス座アルファ星のハビタブルゾーンに惑星が存在か
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る